システムサポート(4396)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の7月18日から始まります。システムサポートは、マザーズのネット関連IPOで、規模もさほど大きくないため、かなりの人気を集めそうです。

また、システムサポートは今のところその後のIPOが新規承認されていないので、スケジュールにも恵まれていると思います。

システムサポート

システムサポート(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名システムサポート
コード4396
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
今村証券
SBI証券
上場日8月2日
仮条件決定日7月13日(1,650円~1,750円に決定)
ブックビルディング期間7月18日から7月24日まで
公開価格決定日7月25日(1,750円に決定)
申込期間7月26日から7月31日まで
公募540,000株
売出し110,000株
OA97,500株
吸収金額12.3億円
時価総額39.9億円
想定価格1,650円→公開価格:1,750円
初値価格4,000円

システムサポートIPOの事業内容

システムサポートは、独立系のICT(情報通信技術)企業として、ソリューション事業、アウトソーシング事業、プロダクト事業を展開しています。

ソリューション事業では、システムのコンサルティング・設計・開発・運用保守を中心に、データベースやネットワーク等のインフラ構築、クラウドサービスの利用・導入支援などを行っています。

アウトソーシング事業では、ホスティングやハウジング等のデータセンターサービスや、ソリューション事業において開発に携わったシステムに関するユーザー企業への教育、ヘルプデスクの運用保守、データエントリー(入力)サービス等を提供しています。

プロダクト事業では、モバイルWEB受発注システム「MOS」,クラウド型シフト管理システム「SHIFTEE」、建築業向け工事情報管理システム「建て役者」、医療画像ファイリングシステム「T-File」など、自社グループによる製品の開発および販売や、ユーザー企業に応じたカスタマイズを行っています。

システムサポートIPOの業績

システムサポートの業績

(※画像クリックで拡大)

システムサポートIPOの売上は概ね堅調に推移していて、利益も右肩上がりで伸びているようです。

システムサポートのIPO評価

システムサポートは、それほど規模(吸収金額12.3億円)が大きくなく、システム関連事業もIPOで根強い人気があるため、かなり期待出来そうです。

また、システムサポートはイボキンとの同時上場になりますが、システムサポートの方が人気化しそうなので、資金分散の影響も小さいと思います。

よって、システムサポートのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。システムサポートIPOは、公開価格の2倍程度の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

システムサポートIPOのその他情報はこちら

システムサポートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

システムサポートIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。特に、主幹事の大和証券は相性が良いので期待しています。

システムサポートIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
今村証券 口座なし
SBI証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ