旅工房(6548)IPOが、明日(4月18日)東証マザーズ市場へ新規上場します。旅工房IPOは、普段ならかなり高い初値が期待できそうな銘柄です。

しかし、現在は北朝鮮絡みの地政学リスクによって、地合いが悪化しているため、多少の影響を受けるかもしれません。ただ、状況は刻一刻と変化しているので、こればかりは蓋を開けてみるまで分かりませんね。

旅工房

旅工房IPOの過去記事

旅工房IPOの抽選結果!大和証券のチャンス回数は4回!

旅工房IPOの配分数!主幹事の大和証券が90%占める!

旅工房IPOのBBスタンスとIPO評価!小型なマザーズIPO!

旅工房IPO上場直前の初値予想

3,200円 (公開価格比:+1,830円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,600円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,800円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,000円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,500円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,260.40円

旅工房IPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた3,200円で据え置きたいと思います。⇒(旅工房IPOの初値予想!仮条件は上振れ!

本当なら上方修正したいところだったのですが、てるみくらぶの悪影響と地政学リスクを考慮して、やや控え目な予想にしています。

ただ、こういう時こそIPOに資金が集中することも考えられるので、初日値付かずの可能性もあると思います。


にほんブログ村

旅工房IPOのその他初値予想はこちら

旅工房IPO初値決定前の気配運用

旅工房IPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の3,155円で、更新値幅69円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は、公開価格比0.75倍の1,028円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、343円以上で5,480円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社