タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)の仮条件が決定しました。タカラレーベン・インフラ投資法人は、いまのところ6月最初のIPOですが、一般的なIPOとは異なる東証インフラファンドIPOなので注意してください。

タカラレーベン・インフラ投資法人

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOの基本情報

タカラレーベン・インフラ投資法人(東証インフラIPO)のBBスタンスとIPO評価

タカラレーベン・インフラ投資法人(東証インフラIPO)の新規上場を承認

タカラレーベン・インフラ投資法人(東証インフラIPO)の仮条件

96,000円~100,000円

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOの仮条件は、想定価格100,000円を上限とした設定になっています。タカラレーベン・インフラ投資法人は、インフラIPOということもあって、順当な仮条件になっていると思います。

タカラレーベン・インフラ投資法人(東証インフラIPO)の初値予想

107,000円(想定価格比:+7,000円)

タカラレーベン・インフラ投資法人は、東証インフラファンド市場の第一弾なので、少し強気の初値予想にしています。また、タカラレーベン・インフラ投資法人は、吸収金額が47.4億円(想定価格ベース)と小さい点もプラス要素です。

ただ、直近REIT(リート)IPOのスターアジア不動産投資法人(3468)やラサールロジポート投資法人(3466)が低迷気味で、太陽光発電という事業内容もやや魅力に欠ける点が懸念材料です。


にほんブログ村

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOのその他初値予想はこちら

タカラレーベン・インフラ投資法人(東証インフラIPO)の幹事団

タカラレーベン・インフラ投資法人IPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券

タカラレーベン・インフラ投資法人の引受証券会社は、主幹事を務めるみずほ証券1社となっています。また、現時点ではネットからの申込みは出来ないようです。

今日も期待していたIPOの新規承認は無く、すっかりIPO空白期間に入ってしまいました。しかし、ぼちぼちIPOの新規承認が出始めるはずなので、その時に備えて証券会社の口座数を増やしておくことをオススメします。⇒(IPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株 ブログランキングへ