タカラレーベン不動産投資法人(3492)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(7月11日)から開始されます。タカラレーベン不動産投資法人は、通常のIPOとは異なるREIT(リート)IPOなので、注目度はやや低そうです。

また、タカラレーベン不動産投資法人はプロレド・パートナーズとの同時上場で、前日にも人気化しそうなアクリートエクスモーションが新規上場するため、ますます影が薄くなりそうですね。

タカラレーベン不動産投資法人

タカラレーベン不動産投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名タカラレーベン不動産投資法人
コード3492
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
上場日7月27日
仮条件決定日7月10日(96.000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間7月11日から7月18日まで
公開価格決定日7月19日(96,000円に決定)
申込期間7月20日から7月25日まで
公募344,000口
売出し0口
OA17,000口
吸収金額361億円
時価総額345億円
想定価格100,000円→公開価格:96,000円
初値価格初値決定後に追記


タカラレーベン不動産投資法人IPO主幹事のSMBC日興証券

タカラレーベン不動産投資法人IPOの事業内容

タカラレーベン不動産投資法人は、タカラレーベンPAG共立メンテナンスヤマダ電機をスポンサーとし、オフィス、住宅、ホテル、商業施設を投資対象とする総合型J-REITとして、投資主価値の最大化、持続的な環境の創造、地域と社会への貢献を目指しています。

また、タカラレーベン不動産投資法人は、スポンサー各社の持つ強みを最大限に活用することによる物件開発、物件再生及び外部不動産マーケットでの機動的な物件取得により、多様性があり安定的な総合型ポートフォリオを構築することで、安定的なキャッシュ・フローを創出しています。

タカラレーベン不動産投資法人IPOのポートフォリオ

タカラレーベン不動産投資法人のポートフォリオ

(※画像クリックで拡大)

タカラレーベン不動産投資法人の平均NOI利回りは、上記のように5.2%とまずまずの数値になっています。

タカラレーベン不動産投資法人のIPO評価

タカラレーベン不動産投資法人の吸収金額は、想定価格ベースで361億円なので、REIT(リート)IPOとしては大きいというほどではありません。

ただ、タカラレーベン不動産投資法人はREIT(リート)IPOで重要視されているスポンサー力という点が少し弱く感じます。

よって、タカラレーベン不動産投資法人のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。タカラレーベン不動産投資法人IPOは、通常のIPOとは異なるREIT(リート)IPOで、ややリスクもあるため、初心者の方はあえて参加する必要はないと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

タカラレーベン不動産投資法人IPOのその他情報はこちら

タカラレーベン不動産投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

タカラレーベン不動産投資法人IPOのBB(ブックビルディング)は、長期保有も視野に主幹事のSMBC日興証券だけ参加しようかと考えています。

ちなみに、ネットから申し込めるのは主幹事のSMBC日興証券と幹事のみずほ証券の2社です。

タカラレーベン不動産投資法人IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB検討中
野村證券 ネット口座での取扱いなし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社