田中建設工業(1450)IPOが、明日(12月18日)ジャスダックスタンダード市場へ新規上場します。田中建設工業IPOは、主に解体事業を行っている地味めな建設会社ですが、有害汚染物質除去などのESG(環境・社会・ガバナンス)関連銘柄として関心を集めそうです。

同時上場するテクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの方が人気化すると思いますが、田中建設工業も小型なので、そこそこ期待できそうですね。

田中建設工業

田中建設工業IPOの過去記事

田中建設工業IPOの抽選結果!公開価格は2,400円!

田中建設工業IPOのBBスタンスとIPO評価!解体事業関連IPO!

田中建設工業IPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券!

田中建設工業IPO上場直前の初値予想

3,000円 (公開価格比:+600円)

(※大手予想会社の初値予想:3,000円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:3,000円)

※主幹事証券会社の引受価格:2,208円

田中建設工業IPO上場直前の初値予想は、当初からアップしていた3,600円から3,000円に下方修正したいと思います。

田中建設工業IPOは、とにもかくにも規模(吸収金額8.6億円)が小さいため、それなりの人気を集めると思います。

また、田中建設工業IPOはESG(環境・社会・ガバナンス)というテーマ性でも一定の評価を得られそうです。

ただ、田中建設工業IPOはそれでも全般的に地味で、地合いも良くないため、3,000円の大台を超えられれば上出来だと考えています。


岡三オンライン証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

田中建設工業IPOのその他初値予想はこちら

田中建設工業IPO初値決定前の気配運用

田中建設工業IPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の5,520円で、更新値幅120円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,800円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、600円以上で9,600円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング