チームスピリット(4397)IPOの仮条件が発表されました。チームスピリットIPOは規模が小さく、日程にも恵まれているため、需給面で人気化しそうです。

チームスピリットIPOは、お盆明け最初のIPOかつ8月最後のIPOなので、9月に向けて良い流れを作ってほしいですね。

チームスピリット

チームスピリットIPOの関連記事

チームスピリットIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

チームスピリットIPOの新規上場を承認!主幹事は野村證券!

チームスピリットIPOの仮条件

1,000円~1,200円

チームスピリットIPOの仮条件は、想定価格の1,000円を下限に上方へ拡げて設定されています。チームスピリットIPOは当初から期待されていたので、強気の仮条件も想定の範囲内です。

ちなみに、チームスピリットIPOの公開価格が仮条件の上限(1,200円)で決まると、吸収金額は5.5億円から6.6億円にアップしますが、それでも十分に小型ですね。


SMBC日興証券のIPOルール

チームスピリットIPOの初値予想

2,700円 (想定価格比:+1,700円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,400円~2,800円)

チームスピリットIPOは、マザーズの小型(吸収金額6.6億円)IPOで、働き方改革クラウドといったテーマ性もあるため、公開価格の2倍を超える初値が付くと予想しています。

ただし、チームスピリットIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約290万株)が多いので、ロックアップが解除される公開価格の1.5倍が第一関門になりそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

チームスピリットIPOのその他初値予想はこちら

チームスピリットIPOの幹事団

チームスピリットIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
カブドットコム証券

主幹事の野村證券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券などの平幹事ももれなく申し込んで、少しでも当選確率をアップさせることがベストですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社