テモナ(3985)IPOは、本日(4月6日)東証マザーズ市場へ新規上場しましたが、予想通りに初日値付かずで取引を終えました。

本日の日経平均株価は大幅に反落し、今年上場したIPO銘柄も軒並み値を下げています。ただ、こういう時こそ、テモナIPOのような新規上場銘柄に資金が集中することも考えられるので、どのような動きをするか興味津々です。

テモナIPO上場初日の気配値

テモナの気配値

(※画像クリックで拡大)

テモナIPOは上記の通り、気配上限値段5,870円において、買い注文327,200株に対して、売り注文129,000株という状況(約2.5倍の買い越し)で上場初日を終えています。

上場二日目となる明日(7日)は、即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)なので、買い注文が減少すると思います。ただ、テモナIPOは約2.5倍の買い越しだったので、それでも買い気配で始まりそうです。

テモナIPO上場二日目の初値予想

7,140円 (公開価格比:+4,590円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,500円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,100円~5,900円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:5,900円)

(※大手予想会社の初値予想最終版二日目:7,000円)

テモナIPO上場初日のフル板

テモナのフル板

(※画像クリックで拡大)

テモナIPOは上記の通り、気配上限価格の5,870円に張り付いたままで、上場初日を終えています。地合いが急激に悪化する中でも、予想通りの強い気配でした。

本日の合致点は7,500円付近だったので、7,000円を超えたあたりで初値形成すると予想しています。地合いの悪化がどう影響するか分かりませんが、予想以上に資金が集中して、さらに高い初値が付く可能性もありそうです。

ちなみに、私は楽天証券の「マーケットスピード」でフル板の合致点を確認しています。楽天証券の「マーケットスピード」は、信用口座を開設すれば、無料でフル板を利用できるのでオススメです。

楽天証券は、IPO(新規公開株)だけでなく立会外分売にもネットから申し込めるので、その点でもオススメの証券会社です。


にほんブログ村

テモナIPOのその他初値予想はこちら

テモナIPO初値決定前(二日目)の気配運用

テモナIPOの気配上限値段は、最終気配価格比2.3倍の13,510円で、更新値幅は300円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、最終気配価格比0.75倍の4,405円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして注文受付価格の範囲は、1,468円以上23,480円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング