テノ・ホールディングス(7037)IPOの新規上場が承認されました。テノ・ホールディングスIPOは、12月21日に東証マザーズ市場及び福岡証券取引所Q-Boardへ新規上場する予定です。

テノ・ホールディングスIPOは、今年の9月20日に新規上場する予定で抽選までした挙句に、直前で上場を中止したいわくつきの銘柄で、仕切り直しての新規上場になります。

ちなみに、主幹事は前回と同じく野村證券が務めることになっており、平幹事も同じ顔ぶれになっています。

しかし、12月21日はテノ・ホールディングスIPOが滑り込んできたために、4社同時上場になってしまいました。何かとお騒がせな銘柄ですね。

テノ・ホールディングス

テノ・ホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名テノ・ホールディングス
コード7037
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
FFG証券
西日本シティTT証券
岡三証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月4日(1,870円~1,920円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月11日まで
公開価格決定日12月12日(1,920円に決定)
申込期間12月13日から12月18日まで
公募350,000株
売出し0株
OA52,500株
吸収金額7.6億円
時価総額27.7億円
想定価格1,900円→公開価格:1,920円
初値価格初値決定後に追記


テノ・ホールディングスIPO幹事のマネックス証券

テノ・ホールディングスIPOの概要

テノ・ホールディングスIPOは、直営保育所および受託保育所の運営や、幼稚園や保育所に対する保育士の派遣などを行っています。

また、テノ・ホールディングスIPOはベビーシッターサービスおよびハウスサービスの提供や、保育士などを養成する「tenoSCHOOL(テノスクール)」を運営しています。

テノ・ホールディングスIPOは、想定価格(前回4,440円→今回1,900円)が前回の半額以下になっているので、規模(前回20.4億円→今回7.6億円)も前回よりかなり小さくなってます。

テノ・ホールディングスIPOは、ラッシュ終盤での4社同時上場になりますが、小型で子育て支援というテーマ性もあるため、それなりに注目されそうです。

テノ・ホールディングスIPOでオススメの幹事証券

主幹事の野村證券はもちろんのこと、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券と、100%完全抽選でIPO抽選組にやさしいマネックス証券も要チェックです。


SBI証券のIPOルール

また、岡三オンライン証券カブドットコム証券が前回同様に委託幹事入りする可能性も高いと思います。⇒正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テノ・ホールディングスIPOのその他情報はこちら

テノ・ホールディングスIPOの初値予想

テノ・ホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月4日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:2,500円~3,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社