テノ・ホールディングス(7037)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の12月5日から開始されます。

テノ・ホールディングスは、9月の新規上場取消しを経て、改めての上場になりますが、想定価格を半額以下に引き下げたため、割安感と規模の小ささで関心を集めそうです。

それにしても、上場取消しからたった3ヶ月で改めて新規上場するとは思いませんでしたね。

テノ・ホールディングス

テノ・ホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名テノ・ホールディングス
コード7037
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
FFG証券
西日本シティTT証券
岡三証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日12月21日
仮条件決定日12月4日(1,870円~1,920円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月11日まで
公開価格決定日12月12日(1,920円に決定)
申込期間12月13日から12月18日まで
公募350,000株
売出し0株
OA52,500株
吸収金額7.6億円
時価総額27.7億円
想定価格1,900円→公開価格:1,920円
初値価格初値決定後に追記

テノ・ホールディングスIPOの事業内容

テノ・ホールディングスは、公的保育事業における公的保育所の運営や、受託保育事業における受託保育所の運営を行っています。

また、テノ・ホールディングスはその他の幼稚園や保育所に対する保育士派遣ベビーシッターサービスハウスサービスの提供、tenoSCHOOL(テノスクール)の運営等も行っています。

公的保育事業では、主に国の社会課題となっている待機児童解消に貢献することを目的に事業展開を行っています。

受託保育事業では、病院や企業等で勤める従業員の「仕事」と「子育て」の両立支援を目的に事業展開を行っています。

テノ・ホールディングスIPOの業績

テノ・ホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

テノ・ホールディングスIPOの業績は好調に推移していて、成長性も期待できそうです。

テノ・ホールディングスのIPO評価

テノ・ホールディングスは、9月に新規上場を取り消しているため、やや印象が良くありません。ただ、想定価格は前回の4,440円から1,900円に引き下げており、それにともなって吸収金額も20.4億円から7.6億円にダウンしているので、それなりの人気を集めると思います。

また、テノ・ホールディングスは待機児童解消子育て支援といったテーマ性でも一定の評価を得られそうです。

よって、テノ・ホールディングスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。テノ・ホールディングスIPOは、公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テノ・ホールディングスIPOのその他情報はこちら

テノ・ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

テノ・ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券をはじめ、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込みたいと思います。

テノ・ホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
FFG証券 口座なし
西日本シティTT証券 口座なし
岡三証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社