テノ・ホールディングス(7037)IPOの新規上場が承認されました。テノ・ホールディングスIPOは、9月20日に東証マザーズ及び福岡証券取引所Q-Boardへ新規上場する予定です。

※上場中止になりました。

また、テノ・ホールディングスIPOの主幹事は、野村證券が務めることになっています。本日は、後ほどご紹介するイーエムネットジャパンIPOも新規承認されているので、9月後半はかなり盛り上がりそうですね。

テノ・ホールディングス

テノ・ホールディングス(東証マザーズ&福証IPO)のIPO基本情報

銘柄名テノ・ホールディングス
上場中止
コード7037
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
FFG証券
西日本シティTT証券
岡三証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日9月20日
仮条件決定日8月31日(4,440円~4,600円に決定)
ブックビルディング期間9月3日から9月7日まで
公開価格決定日9月10日(4,600円に決定)
申込期間9月11日から9月14日まで
公募350,000株
売出し50,000株
OA60,000株
吸収金額20.4億円
時価総額64.8億円
想定価格4,440円→公開価格:4,600円
初値価格上場中止


テノ・ホールディングスIPO幹事のマネックス証券

テノ・ホールディングスIPOの概要

テノ・ホールディングスIPOは福岡県に本社を置き、認可保育所や小規模保育所の運営をはじめ、幼稚園や保育所への保育士派遣ベビーシッターサービスなどの事業を展開しています。

また、テノ・ホールディングスIPOは意識の高い育児のプロを養成するために、tenoSCHOOL(テノスクール)の運営も行っています。

テノ・ホールディングスIPOは、やや規模(吸収金額20.4億円)が大きめですが、子育て支援というテーマ性で関心を集めそうです。

また、テノ・ホールディングスIPOは値がさなので、上手くハマれば大きな利益を得られそうですが、その分リスクもやや高いと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テノ・ホールディングスIPOのその他情報はこちら

テノ・ホールディングスIPOでオススメの幹事証券

主幹事の野村證券は当然ですが、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も必ず申し込みたいところです。


SBI証券のIPOルール


また、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券も押さえておきたいところです。


マネックス証券のIPOルール


さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事入りしているので、同グループのカブドットコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

テノ・ホールディングスIPOの初値予想

テノ・ホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(8月31日以降)に追記させていただきます。

6,600円 (想定価格比:+2,160円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,500円~6,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:5,800円~6,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:5,500円~6,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社