テスホールディングス(5074)IPOの新規上場が承認されました。テスホールディングスIPOは、4月27日に東京証券取引所1部市場へ新規上場する予定です。

また、テスホールディングスIPOの主幹事は、大和証券が務めることになっています。

4月のIPOは、これで12銘柄目になりました。テスホールディングスIPOは、4月最後のIPOになるかもしれませんね。

テスホールディングス

テスホールディングス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名テスホールディングス
コード5074(建設業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
岩井コスモ証券
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
auカブコム証券
上場日4月27日
仮条件決定日4月8日(1,470円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間4月12日から4月16日
公開価格決定日4月19日(1,700円に決定)
申込期間4月20日から4月23日まで
公募7,000,000株
(国内:4,886,900株
海外:2,113,100株)
売出し2,800,000株
OA1,470,000株
吸収金額191.6億円
(国内:155.7億円
海外:35.9億円)
時価総額596.2億円
想定価格1,700円→公開価格:1,700円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
テスホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

テスホールディングスIPOの概要

テスホールディングスIPOは、世界的なエネルギー脱炭素化に貢献し、SDGsの実現を目指しながら、再生可能エネルギー系設備や省エネルギー系設備の設計、調達、施工を行っています。

また、テスホールディングスIPOは再生可能エネルギー発電所の所有・運営・売電、電気の小売供給や、オペレーション&メンテナンスなども行っています。

テスホールディングスIPOは、東証1部への新規上場で、欧州及びアジアを中心とする海外(米国及びカナダを除く)への販売も予定されています。

ただ、それでもそれなりの規模(吸収金額191.6億円)で、SDGsというテーマ性はあるものの、人気になりやすい業態でもないため、さらに詳しく調べて判断したいと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テスホールディングスIPOの幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などの11社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

テスホールディングスIPOの初値予想

テスホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(4月8日以降)に追記させていただきます。

2,000円 (想定価格比:+300円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,800円~2,100円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社