トビラシステムズ(4441)IPOの新規上場が承認されました。トビラシステムズIPOは、4月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、トビラシステムズIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。また、トビラシステムズIPOは先ほどご紹介したグッドスピードIPOとの同時上場になります。

トビラシステムズズ

トビラシステムズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名トビラシステムズ
コード4441
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
いちよし証券
岡三証券
エース証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日4月25日
仮条件決定日4月5日(2,100円~2,400円に決定)
ブックビルディング期間4月9日から4月15日まで
公開価格決定日4月16日(2,400円に決定)
申込期間4月18日から4月23日まで
公募95,000株
売出し689,000株
OA117,600株
吸収金額18.4億円
時価総額65.6億円
想定価格2,040円→公開価格:2,400円
初値価格5,420円

SMBC日興証券 オンライントレード
トビラシステムズIPO幹事のSMBC日興証券

トビラシステムズIPOの概要

トビラシステムズIPOは、独自のデータ収集によって、迷惑電話番号、迷惑メール、有害サイトのURLなどをデータベース化し、それを元にモバイルや固定電話及びビジネス向け迷惑情報フィルタシステムの開発及び提供している企業です。

また、トビラシステムズIPOは面倒な取材や撮影から制作までワンセットになったホームページ制作ソフトウェア「HP4U」の販売も行っています。

さらに、トビラシステムズIPOはiPhone向けコンテンツブロッカーアプリ「Netcomfy(ネットコンフィー)」や、オンライン上の電話帳「電話番号.com」なども提供しています。

トビラシステムズIPOは、やや規模(吸収金額18.4億円)が大きく、公募株(95,000株)に対して売出株(689,000株)の多さも気になります。

ただ、トビラシステムズIPOの迷惑情報フィルタシステムは、オレオレ詐欺などが横行している現代において必要不可欠で、セキュリティ関連銘柄としても注目されそうです。

トビラシステムズIPOでオススメの幹事証券

SMBC日興証券は、新規に口座開設(ダイレクト口座)すると、3ヶ月間のIPO優遇特典が受けられるので、まだ口座をお持ちでない方は、IPO当選確率アップのチャンスです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券のIPOルール


また、抽選に外れてIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券と、100%完全抽選のマネックス証券も要注目です。


マネックス証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

トビラシステムズIPOのその他情報はこちら

トビラシステムズIPOの初値予想

トビラシステムズIPOの初値予想は、仮条件決定後(4月5日以降)に追記させていただきます。

4,000円 (想定価格比:+1,600円)

(※大手予想会社の初値予想:3,000円~5,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社