東京通信(7359)IPOの新規上場が承認されました。東京通信IPOは、12月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、東京通信IPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

東京通信IPOは、先ほどご紹介したグローバルインフォメーションIPOとの同時上場になります。

東京通信

東京通信(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名東京通信
コード7359(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
松井証券
上場日12月24日
仮条件決定日12月4日
ブックビルディング期間12月8日から12月14日まで
公開価格決定日12月15日
申込期間12月16日から12月21日まで
公募610,000株
売出し390,000株
OA150,000株
吸収金額14.4億円
時価総額61.7億円
想定価格1,250円
初値価格初値決定後に追記


東京通信IPO幹事のマネックス証券

東京通信IPOの概要

東京通信IPOは、主にスマートフォン向けの無料カジュアルゲームアプリを企画・開発し、アプリ内の一部スペースを広告枠として提供することで広告収入を得るアプリ事業を展開しています。

また、東京通信IPOはアフィリエイト広告及びアドテクを活用し、広告主の収益の最大化を図る広告代理事業も行っています。

さらに、東京通信IPOはVCとしての投資活動を行う投資事業や、WEBサービスやOA機器の代理販売等を行うソリューションセールス事業も手掛けています。

東京通信は、マザーズのIT関連IPOで、規模(吸収金額14.4億円)さほど大きくないため、それなりの人気を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東京通信IPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、100%完全抽選のマネックス証券や、IPOは前受金不要(事前入金不要)の松井証券などの8社で構成されています。


IPOは前受金不要の松井証券

東京通信IPOの初値予想

東京通信IPOの初値予想は、仮条件決定後(12月4日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社