東和ハイシステム(4172)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

東和ハイシステムIPOは3社同時上場ですが、どちらかと言えば規模が小さいため、それでも需給面で注目度がアップしているようです。

東和ハイシステムIPOはクリスマス上場なので、もし当選できれば楽しいクリスマスを過ごせそうですね。

東和ハイシステム

東和ハイシステムIPOの過去記事

東和ハイシステムIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事

東和ハイシステムIPOのBBスタンスとIPO評価!歯科システムIPO

東和ハイシステムIPOの初値予想!仮条件はやや強気

東和ハイシステムIPOの配分数(割当数)

東和ハイシステムIPOの配分数(割当数)は、主幹事の野村證券が88%を占めていますが、それでも当選枚数は少ないですね。

また、平幹事での当選はかなり難しいと思いますが、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券と、100%平等抽選でIPO後期抽選型の楽天証券は申し込んでおきたいですね。

東和ハイシステムIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
野村證券 (主幹事) 352,000株 88% 352枚 A
SBI証券 20,000株 5% 90枚 B
みずほ証券 12,000株 3% 12枚
SMBC日興証券 12,000株 3% 12枚
楽天証券 4,000株 1% 40枚
合計 400,000株 100% 506枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東和ハイシステムIPOのBB(ブックビルディング)は12月15日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、忘れずに申し込んでください。

また、主幹事の野村證券は締切日が一日早く、12月14日午後11時59分に締め切られるのでご注意ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング