富山第一銀行(7184)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の2月29日から(3月4日まで)から開始されます。上場日の3月15日は、富山第一銀行の他に富士ソフトサービスビューロ(6188)とユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)が同時上場する予定です。

富山第一銀行はマイナス金利導入による銀行株安に加えて、3社同時上場というスケジュールが不安材料になりそうです。個人的には、3月15日同時上場のIPO銘柄の優先順位は、富士ソフトサービスビューロ>ユー・エム・シー・エレクトロニクス≧富山第一銀行と考えています。また、富山第一銀行の上場市場が東証一部か二部かは今のところ未定です。

富山第一銀行

富山第一銀行(東証IPO)のIPO基本情報

銘柄名富山第一銀行
コード7184
主幹事証券大和証券
幹事証券みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBCフレンド証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券
東海東京証券
岡三オンライン証券
今村証券
カブドットコム証券
上場日3月15日
仮条件決定日2月25日(440円~470円に決定)
ブックビルディング期間2月29日から3月4日まで
公募価格決定日3月7日
公募5,660,000株
売出し0株
OA840,000株
吸収金額38.4億円
想定価格590円

富山第一銀行の事業内容

富山第一銀行は本店のほか支店・出張所65店(富山県56店、石川県3店、新潟県3店、岐阜県2店、東京都1店、大阪府1店)において、預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務・投資業務、内国為替業務、外国為替業務などを行っています。

また、富山第一銀行は連結子会社4社(富山ファースト・ビジネス株式会社、富山ファースト・リース株式会社、富山ファースト・ディージー株式会社、株式会社富山ファイナンス)で銀行業務、リース業務、クレジット業務、金銭の貸付業務等を展開しています。

富山第一銀行業績

(※画像クリックで拡大)

富山第一銀行の業績は問題なく順調そうですが、如何せん取り巻く環境が厳しいと言わざるを得ませんね。

富山第一銀行のIPO評価

富山第一銀行のIPO評価は東証一部か二部かで多少は変わってくるかもしれませんが、いずれにしても他のIPO銘柄と比較して手を出しにくい状況です。

また、富山第一銀行のIPOは公募株数が多いので当選しやすい部類に入ると思いますが、公募割れのリスクを背負ってまでBB(ブックビルディング)に参加しなくても良いかなと感じています。

よって、富山第一銀行のIPO評価はDが妥当だと考えています。富山第一銀行は3月IPO銘柄の中でも特に公募割れリスクが高いと思います。

富山第一銀行IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

富山第一銀行IPOのBB(ブックビルディング)は、SBI証券にIPOチャレンジポイント狙いで申し込む以外は見送る予定です。しかし、こういう時に限ってSBI証券で当選しちゃったりしそうですが、無事に落選して1ポイントゲットしたいところです。

富山第一銀行IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) 見送り予定
みずほ証券 見送り予定
SMBC日興証券 見送り予定
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 見送り予定
SMBCフレンド証券 見送り予定
岩井コスモ証券 見送り予定
SBI証券 BB申し込み
マネックス証券 見送り予定
東海東京証券 見送り予定
岡三証券 見送り予定
今村証券 口座なし
カブドットコム証券 (委託) 見送り予定

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるので、まだ口座をお持ちでない方は早めに口座開設してポイントを貯めていくのがIPOゲットの近道です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

カブドットコム証券は2016年のIPOで続々と委託幹事入りしています。


にほんブログ村

富山第一銀行IPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ