坪田ラボ(4890)IPOのBB(ブックビルディング)が翌月の6月8日から始まります。坪田ラボは近視、ドライアイ、老眼の医薬品などを研究開発している慶應大学発のベンチャー企業です。

坪田ラボはホームポジションジャパンワランティサポートウェルネス・コミュニケーションズとの4社同時上場ですが、注目度はその中でも高そうですね。

坪田ラボ

坪田ラボ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名坪田ラボ
コード4890(医薬品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
三田証券
極東証券
楽天証券
マネックス証券
岡三証券
岡三オンライン
上場日6月23日
仮条件決定日6月7日(450円~470円に決定)
ブックビルディング期間6月8日から6月14日
公開価格決定日6月15日(470円に決定)
申込期間6月16日から6月21日まで
公募2,500,000株
(国内:1,901,800株
海外:598,200株)
売出し1,340,000株
(国内:1,019,300株
海外:320,700株)
OA576,000株
吸収金額19.9億円
(国内:15.7億円
海外:4.1億円)
時価総額113.1億円
想定価格450円→公開価格:470円
初値価格794円

SMBC日興証券 オンライントレード

坪田ラボIPOの事業内容

坪田ラボは慶應義塾大学発ベンチャーで、近視、ドライアイ、老眼の新たな治療法の開発を目指しています。

近視、ドライアイ、老眼は、超高齢社会における健康長寿とQuality of Visionの観点から眼科医療領域において大きな課題と認識されていますが、いまだ原因療法が確立していないいわゆるアンメット・メディカル・ニーズ領域です。

坪田ラボはこれら3領域の患者に対して革新的なイノベーションによる研究開発成果を届けるため、提携大学と連携し先進的な研究を行っています。

坪田ラボは特にバイオレットライトによる近視進行抑制の研究に注力しています。

また、坪田ラボはその研究成果を評価するパートナー企業とともに共同開発を行い、新しい価値を提供する製品を上市しています。

坪田ラボIPOの事業領域

坪田ラボの事業領域

(※画像クリックで拡大)

坪田ラボは早期段階から大手企業との共同研究開発契約等の締結実績が多数あります。

坪田ラボIPOの上場企業との契約実績例

坪田ラボIPOの上場企業との契約実績例

坪田ラボIPOのパイプライン

坪田ラボIPOのパイプライン

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 実施許諾契約及び共同研究開発契約の売上原価(治験等の研究費)
  2. サイエンスの発見、知財化のための基礎研究費
  3. 研究員及びビジネス人財確保の採用費及び人件費
  4. 米国(ボストン)子会社の設立(資本金)として充当
  5. 当社有利子負債の返済資金

坪田ラボIPOの業績

坪田ラボの業績

(※画像クリックで拡大)

坪田ラボIPOの売上は急伸しており、利益もバイオベンチャーとしては珍しく黒字化していて好調そうです。

坪田ラボのIPO評価

坪田ラボは4社同時上場で、規模(吸収金額19.9億円)もそれなりにあるため、資金分散の影響が気になります。

ただ、坪田ラボは欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されいるため、海外での人気次第で状況が変わる可能性はあります。

また、近視、ドライアイ、老眼に特化した研究開発は社会的意義があり、業績も好調に推移しているため、事業面で関心を集めそうです。

よって、坪田ラボのIPO評価はCが妥当だと考えています。坪田ラボIPOは公開価格をやや上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

坪田ラボIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

坪田ラボIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ参加するつもりです。主幹事のSMBC日興証券だけでなく、SBI証券マネックス証券などにも申し込むつもりです。

クリーマIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
三田証券 口座なし
極東証券 口座なし
楽天証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング