ツナグ・ソリューションズ(6551)IPOのBB(ブックビルディング)が、6月14日からスタートします。ツナグ・ソリューションズは、SYSホールディングスGameWithとの3社同時上場なので、多少は資金分散の影響を受けるかもしれません。

ただ、どの銘柄もさほど規模が大きくないため、あまり心配する必要は無いと思います。また、6月のIPOは数が少ないため、どの銘柄も注目度が高くて、かなりの人気を集めそうです。

ツナグ・ソリューションズ

ツナグ・ソリューションズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ツナグ・ソリューションズ
コード6551
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
SMBC日興証券
マネックス証券
SBI証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日6月30日
仮条件決定日6月12日(1,970円~2,130円に決定)
ブックビルディング期間6月14日から6月20日まで
公開価格決定日6月21日(2,130円に決定)
申込期間6月22日から6月27日まで
公募270,000株
売出し180,000株
OA67,500株
吸収金額10.2億円
想定価格1,970円
初値価格4,515円

ツナグ・ソリューションズIPOの事業内容

ツナグ・ソリューションズグループは、ツナグ・ソリューションズ及び連結子会社4社で構成されており、アルバイト・パート専門の採用コンサルティング会社として、人材サービス事業、メディアサービス事業、リテールサービス事業を展開してます。

人材サービス事業では、小売業・飲食業等の大手企業におけるアルバイト・パートの採用活動代行サービスを中心に、年間約265社、約65,000店舗(平成28年9月期実績)の採用活動を支援しています。

また、採用したアルバイト・パート・社員の定着率向上を図る定着改善支援アプリ「テガラみる」の運営も行っています。

定着改善支援サービス テガラみる

メディアサービス事業では、インターネット上にてアルバイト・パートを中心とした求人情報メディアの運営を中心に事業を展開しています。

主要なサービスとしては、短期・単発のアルバイトサイト「ショットワークス」や、希望のシフトで働くアルバイトサイト「シフトワークス」などの運営を行っています。

リテールサービス事業では、店舗に派遣する派遣従業員の研修店舗として、株式会社セブンイレブン・ジャパンのコンビニエンスストアを3店舗運営しています。

ツナグ・ソリューションズIPOの業績

ツナグ・ソリューションズの業績

(※画像クリックで拡大)

ツナグ・ソリューションズIPOの業績は好調に推移しており、今後にも期待出来そうです。

ツナグ・ソリューションズのIPO評価

ツナグ・ソリューションズの吸収金額は10.2億円(想定価格ベース)なので、小型ではありませんが、それほど気になるサイズでもありません。また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点も好材料です。

また、ツナグ・ソリューションズは業績好調で、人材関連銘柄としても一定の評価を得られそうです。

よって、ツナグ・ソリューションズのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ツナグ・ソリューションズは、3社同時上場という点が気掛かりですが、それでも公開価格の2倍程度は狙えると予想しています。


にほんブログ村

ツナグ・ソリューションズIPOのその他情報はこちら

ツナグ・ソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ツナグ・ソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事の野村證券はもとより、相性の良いSMBC日興証券マネックス証券にも期待しています。

また、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も申し込み必須ですね。

ツナグ・ソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社