VALUENEX(4422)IPOの新規上場が承認されました。VALUENEX(4422)IPOは、10月30日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、VALUENEX(4422)IPOの主幹事はSBI証券が務めることになっているので、にほんブログ村などでIPOチャレンジポイントのボーダーラインや当選配分数について、様々な意見が飛び交いそうですね。

VALUENEX

VALUENEX(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名VALUENEX
コード4422
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
大和証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
エース証券
エイチ・エス証券
極東証券
東洋証券
むさし証券
上場日10月30日
仮条件決定日10月10日(1,700円~1,840円に決定)
ブックビルディング期間10月12日から10月18日まで
公開価格決定日10月19日(1,840円に決定)
申込期間10月23日から10月26日まで
公募420,000株
売出し25,000株
OA66,700株
吸収金額7.8億円
時価総額41.7億円
想定価格1,520円→公開価格:1,840円
初値価格初値決定後に追記


VALUENEX(4422)IPO主幹事のSBI証券

VALUENEXのIPO概要

VALUENEX(4422)IPOは、特許情報の解析ツール「TechRadar」や、多種多様な文書データ解析ツール「DocRadar」のASPライセンスサービス及び、これらを用いたコンサルティングサービスを提供しています。

VALUENEXの予測分析システムは、世界中の多種多彩な大量の文書情報収集を、俯瞰解析+可視化し、顧客のビジネスを未来につなげることを目指しています。

また、VALUENEXのサービスはホンダ、オムロン、中国電力など、大手電機機器、輸送用機器、精密機器、化学、情報通信など、多様な業種の知財を中心に、研究開発、マーケティング、経営企画など、様々な部署で導入されているようです。

VALUENEXは小型(吸収金額7.8億円)なマザーズIPOで、AI(人工知能)というテーマ性もあるため、人気化すると思います。

VALUENEX(4422)IPOでオススメの幹事証券

主幹事のSBI証券はIPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも出来るので要注目です。


SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、IPO後期抽選型でIPOの取扱銘柄数も多い岩井コスモ証券も要チェックです。


岩井コスモ証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

VALUENEX(4422)IPOのその他情報はこちら

VALUENEXのIPO初値予想

VALUENEXのIPO初値予想は、仮条件決定後(10月10日以降)に追記させていただきます。

5,000円 (想定価格比:+3,480円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,500円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,700円~4,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社