VALUENEX(4422)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(10月12日)から始まります。VALUENEXは、マザーズ、小型、IT関連と初値高騰の条件が揃っているので、かなりの人気を集めると思います。

また、VALUENEXの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うこともできるため、個人投資家の注目度も高そうですね。

VALUENEX

VALUENEX(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名VALUENEX
コード4422
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
大和証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
エース証券
エイチ・エス証券
極東証券
東洋証券
むさし証券
上場日10月30日
仮条件決定日10月10日(1,700円~1,840円に決定)
ブックビルディング期間10月12日から10月18日まで
公開価格決定日10月19日(1,840円に決定)
申込期間10月23日から10月26日まで
公募420,000株
売出し25,000株
OA66,700株
吸収金額7.8億円
時価総額41.7億円
想定価格1,520円→公開価格:1,840円
初値価格4,300円

VALUENEX(4422)IPOの事業内容

VALUENEXは、創業者で社長である中村達生氏が独自に開発したアルゴリズムを基盤にしたビッグデータの解析ツールの提供(ASPサービス)と,それを用いたコンサルティングサービス及びレポート販売など、ひとつのアルゴリズムから派生したアルゴリズム事業を展開しています。

ASPサービスでは、特許専用の解析ツール「TechRadar(テックレーダー)」と、多種多様なテキスト文章情報を解析対象とする解析ツール「DocRadar(ドックレーダー)」を提供しています。

VALUENEXのASPサービス概要

VALUENEXのASPサービス概要

(※画像クリックで拡大)

コンサルティングサービスでは、解析結果の読み解き結果を求められた場合、それをTechRadar(テックレーダー)とDocRadar(ドックレーダー)を用いたコンサルティングという形で提供しています。

レポート販売では、TechRadar(テックレーダー)とDocRadar(ドックレーダー)を用いて解析レポートを作成し、日本経済新聞社の運営する日経テレコムのサイトを通じて販売したり、顧客に直接提供したりしています。

VALUENEX(4422)IPOの業績

VALUENEXの業績

(※画像クリックで拡大)

VALUENEX(4422)IPOの売上は好調に推移していますが、利益はかなりバラついています。ただ、利益も急激に伸びてきているようなので、今後の成長性も期待できそうです。

VALUENEXのIPO評価

VALUENEXは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さが気になりますが、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額7.8億円)も小さいため、それでも間違いなく人気化すると思います。

また、VALUENEXはIPOで人気のビッグデータAI(人工知能)というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、VALUENEXのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。VALUENEX(4422)IPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

VALUENEX(4422)IPOのその他情報はこちら

VALUENEX(4422)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

VALUENEX(4422)IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙う手もありますが、締切り直前まで悩んで決めるつもりです。

VALUENEX(4422)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
大和証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
エース証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
むさし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング