ベルトラ(7048)IPOのBB(ブックビルディング)が、12月6日から始まります。ベルトラは手の出しやすい価格で、さほど規模も大きくないため、それなりに注目されているようです。

ただ、ベルトラは人気化必至のリンクを含む3社同時上場になるので、やや影響を受けるかもしれませんね。

ベルトラ

ベルトラ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ベルトラ
コード7048
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
マネックス証券
松井証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月4日(360円~384円に決定)
ブックビルディング期間12月6日から12月12日まで
公開価格決定日12月13日(384円に決定)
申込期間12月14日から12月19日まで
公募1,500,000株
売出し1,620,000株
OA468,000株
吸収金額12.9億円
時価総額101.2億円
想定価格360円→公開価格:384円
初値価格初値決定後に追記

ベルトラIPOの事業内容

ベルトラは、国内及び世界145ヶ国の現地体験型オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトVELTRA(ベルトラ)」を運営している企業です。

VELTRA(ベルトラ)は、日本語、英語、中国語、韓国語の4言語に対応したウェブサイトを展開しており、観光ツアー、文化体験、グルメツアー、ショー・エンターテインメント、美術館・博物館、クルーズ、レストラン、スパ・エステ、ゴルフ、マリーンスポーツなど幅広い現地体験ツアー商品を提供しています。

また、VELTRA(ベルトラ)は予約の機会提供だけではなく、旅先での文化や言語の壁などの不安、それらの心理的バリアを排除することで、安心して旅行できる状況を提供するために、カスタマーサポートを東京、ホノルル、ロンドン、マニラとグローバルに設置しており、365日体制で英・日・中・韓の言語をサポートしています。

ベルトラIPOの業績

ベルトラの業績

(※画像クリックで拡大)

ベルトラIPOの営業収益は順調に伸びていますが、利益はかなりバラついていますね。

ベルトラのIPO評価

ベルトラは3社同時上場ですが、買いやすい価格(360円)で規模(吸収金額12.9億円)も大きいというほどではないため、それなりの人気を集めると思います。

また、オプショナルツアーに特化した業態はユニークで、業績も好調なことから、一定の評価を得られそうです。

よって、ベルトラのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ベルトラIPOは、公開価格の1.5倍から2倍程度の初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ベルトラIPOのその他情報はこちら

ベルトラIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ベルトラIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。主幹事の野村證券300株配分なので、当選できれば、低価格でもそれなりの利益が得られるかもしれませんね。

ベルトラIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
松井証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社