ウェーブロックホールディングス(7940)IPOが、明日(4月10日)東証2部市場へ新規上場します。ウェーブロックホールディングスIPOは、仮条件が想定価格(840円)よりも大幅に下振れしたので、やはり不人気だったようです。

ウェーブロックホールディングスIPOは、にほんブログ村でも評価が低めなので、厳しそうな雰囲気が漂っていますね。

ウェーブロックホールディングス

ウェーブロックホールディングスIPOの過去記事

ウェーブロックホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部再上場!

ウェーブロックホールディングスIPOの新規上場(再上場)を承認!

ウェーブロックホールディングスIPO上場直前の初値予想

730円 (公開価格比:-20円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:840円~940円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:750円~850円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:750円)

※主幹事証券会社の引受価格:697.50円

ウェーブロックホールディングスIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた730円で据え置きたいと思います。⇒(ウェーブロックホールディングスIPOの初値予想!仮条件は下振れ!

ウェーブロックホールディングスは、IPOで不人気の再上場案件で、上場市場も東証2部ということから、需給面に不安があります。

また、ウェーブロックホールディングスは吸収金額が45.3億円と重めで、公募株ゼロの売出株のみという点も懸念材料です。

公開価格が仮条件の上限で決まったことだけが救いですが、それでも公開価格割れの可能性が高いと予想しています。


にほんブログ村

ウェーブロックホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

ウェーブロックホールディングスIPO初値決定前の気配運用

ウェーブロックホールディングスIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の1,725円で、更新値幅38円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は、公開価格比0.75倍の563円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、188円以上で3,000円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社