ウェルプレイド・ライゼスト(9565)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の11月11日から始まります。

ウェルプレイド・ライゼストはeスポーツの総合商社として、eスポーツに関する幅広い事業を展開しています。

ウェルプレイド・ライゼストのIPO主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインなどについても話題になりそうですね。

ウェルプレイド・ライゼスト

ウェルプレイド・ライゼスト(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ウェルプレイド・ライゼスト
コード9565(サービス業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)大和証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
岩井コスモ証券
Jトラストグローバル証券
極東証券
東洋証券
SBIネオトレード証券
DMM.com証券
上場日11月30日
仮条件決定日11月9日(1,070円~1,170円に決定)
ブックビルディング期間11月11日から11月17日
公開価格決定日11月18日(1,170円に決定)
申込期間11月21日から11月25日まで
公募200,000株
売出し231,500株
OA64,700株
吸収金額5.3億円
時価総額28.9億円
想定価格1,070円→公開価格:1,170円
初値価格6,200円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ウェルプレイド・ライゼストIPOの事業内容

ウェルプレイド・ライゼストは創業以来eスポーツ専業の会社として、クライアントワーク、パートナーソリューション、ビジネスデザインの3つのeスポーツ関連サービスを展開しています。

クライアントワークでは、ゲームメーカーをはじめとしたクライアントからeスポーツイベントを受託し、企画・運営しています。

ウェルプレイド・ライゼストのクライアントワークサービス

パートナーソリューションでは、eスポーツ選手・実況者・解説者・インフルエンサー等のeスポーツに関わる「人」に対して様々な収益機会を創出・提供しています。

ビジネスデザインでは、eスポーツを他分野の領域とかけあわせたイベントを企画・運営したり、他業種のパートナーと組んで新規プロジェクトを立ち上げるなど、新規市場の開拓を目指しています。

直近の取り組み例としては、有名プロゲーミングチームとeスポーツイベント「LIMITZ」の共同運営を行っています。

ウェルプレイド・ライゼストIPOの事業系統図

ウェルプレイド・ライゼストの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. 事業拡大に係る採用費及び人件費
  2. 借入金返済
  3. 新規サービスへの投資資金

ウェルプレイド・ライゼストIPOの業績

ウェルプレイド・ライゼストの業績

(※画像クリックで拡大)

ウェルプレイド・ライゼストIPOの業績は急激に伸びていて、今後も期待できそうですね。

ウェルプレイド・ライゼストのIPO評価

ウェルプレイド・ライゼストは親子上場カヤック(3904)の子会社)ですが、小型(吸収金額5.3億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、ウェルプレイド・ライゼストはIPOで初物となるeスポーツ事業を展開していることでも注目されそうです。

よって、ウェルプレイド・ライゼストのIPO評価はAが妥当だと考えています。ウェルプレイド・ライゼストIPOは初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウェルプレイド・ライゼストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ウェルプレイド・ライゼストIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。

主幹事のSBI証券をはじめ、マネックス証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

ウェルプレイド・ライゼストIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
Jトラストグローバル証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
SBIネオトレード証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社