ウイングアーク1st(4432)IPOの仮条件が発表されました。ウイングアーク1stは、これまで二度にわたってIPO新規上場を中止しているため、三度目の正直になるのかと変な意味で注目されているようです。

また、ウイングアーク1stはヒューマンクリエイションホールディングスとの同時上場なので、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

ウイングアーク1st

ウイングアーク1ST(4432)IPOの関連記事

ウイングアーク1stの三度目となるIPO新規上場を承認!

ウイングアーク1stのIPO評価とBBスタンス!三度目の正直か!?

ウイングアーク1stのIPO仮条件

1,440円~1,590円

ウイングアーク1stのIPO仮条件は、想定価格の1,490円を挟んで上方にやや広く設定されています。ウイングアーク1stは、これまでのごたごたや前評判が低かったわりに、やや強気の仮条件にも見えます。

ただ、公開価格が仮条件の上限で決まればの話なので、まずは公開価格が仮条件の上限で決まるかどうかに注目です。

ちなみに、ウイングアーク1stのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は182.2億円から194.5億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券は新規口座開設でIPO優遇

ウイングアーク1stのIPO初値予想

1,440円⇒1,590円 (公開価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想:1,590円~1,750円)

ウイングアーク1stは、過去に二度もIPO新規上場を中止しているため、印象が良くありません。

また、ウイングアーク1stは東証1部にしては規模(吸収金額194.5億円)が大きいわけではありませんが、公募株ゼロで売出株のみの再上場(2013年に東証2部から上場廃止)IPOなので、それでも需給面で警戒されそうです。

さらに、ウイングアーク1stは3月のIPO第一弾ですが、ヒューマンクリエイションホールディングスとの同時上場なので、資金分散の影響を受ける可能性もあります。

よって、ウイングアーク1stの初値は今のところ公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウイングアーク1stのIPO幹事団

ウイングアーク1stのIPO幹事団
主幹事証券 野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券 モルガン・スタンレーMUFG証券
みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券

ウイングアーク1st(4432)IPOは当選枚数が多いため、主幹事の野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券なら、かなり期待できそうです。

ただ、ウイングアーク1stはリスクが高めのIPOなので、慎重に見極める必要があると思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社