ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の(2月26日)からスタートします。ウイングアーク1stは、IPOで不人気の再上場案件ということで警戒されると思います。

残念ながら上場中止です!

また、ウイングアーク1stは人気化必至のサーバーワークスとの同時上場なので、資金分散の影響も受けそうですね。

ウイングアーク1st

ウイングアーク1st(東証1部又は2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ウイングアーク1st 上場中止
コード4432
主幹事証券野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日3月13日
仮条件決定日2月25日(1,690円~1,970円に決定)
ブックビルディング期間2月26日から3月1日まで
公開価格決定日3月4日
申込期間3月5日から3月8日まで
公募0株
売出し20,955,000株
(国内:12,941,400株
海外:8,013,600株)
OA1,941,200株
吸収金額451.1億円
時価総額614.6億円
想定価格1,970円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード

ウイングアーク1st(4432)IPOの事業内容

ウイングアーク1stは、スマートフォンやIoTの普及により、日々産み出される様々なデータ(ビッグデータ)を活用して、企業や社会に様々な価値をもたらすソフトウェア及びサービスの提供を行っています。

ウイングアーク1stは、企業の基幹業務を支える「ソフトウェア基盤(SP)ソリューション」と、様々なデータを活用して今までにない新たな価値を生み出す「データエンパワーメント(DE)ソリューション」を主な事業として展開しています。

主力製品である「SVF」は、帳票開発の効率化と多様な出力要件に応えるための帳票基盤ソリューションで、帳票市場(帳票運用製品)における市場シェアの69%を占めています。

ウイングアーク1stは、その他にも帳票クラウドサービス「SVF Cloud」、電子活用ソリューション「SPA」、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」、情報活用ダッシュボード「MOTION BOARD」なども提供しています。

ウイングアーク1st(4432)IPOの業績

ウイングアーク1stの業績

(※画像クリックで拡大)

ウイングアーク1st(4432)IPOの業績は3期分しかありませんが、堅調に推移していて問題なさそうです。

ウイングアーク1stのIPO評価

ウイングアーク1stは再上場というだけでなく、規模(吸収金額451.1億円)も大きいため、需給面にかなり不安があります。

また、ウイングアーク1stは公募株ゼロの売出株のみなので、ファンドの出口案件としても警戒されそうです。

さらに、人気化しそうなサーバーワークスIPOとの同時上場という点もマイナスに働くと思います。

よって、ウイングアーク1stのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ウイングアーク1st(4432)IPOの初値は、公開価格を割れる可能性もあると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウイングアーク1st(4432)IPOのその他情報はこちら

ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ウイングアーク1stは、3月に新規上場するIPOの中でもリスクが高めなので、あえて参加する必要は無いと考えています。

ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

ウイングアーク1st(4432)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB不参加
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング