ウイングアーク1st(4432)IPOの仮条件が決定しています。ウイングアーク1st(4432)IPOは、再上場、大型、売出株のみなど、マイナス要素が目立つため、かなり警戒されているようです。

残念ながら上場中止です!

また、ウイングアーク1st(4432)IPOにとっては、人気化しそうなサーバーワークスIPOとの同時上場というのもマイナスに働きそうですね。

ウイングアーク1st

ウイングアーク1st(4432)IPOの関連記事

ウイングアーク1st(4432)IPOのBBスタンスとIPO評価!再上場IPO!

ウイングアーク1stのIPO新規上場を承認!野村主幹事の大型IPO!

ウイングアーク1st(4432)IPOの仮条件

1,690円~1,970円

ウイングアーク1st(4432)IPOの仮条件は、想定価格の1,970円を上限に下方へ大きく拡げたレンジで設定されています。

ウイングアーク1st(4432)IPOは、新規承認時から需給面が不安視されていたので、弱気の仮条件も想定内です。

ただ、ウイングアーク1st(4432)IPOの公開価格が仮条件の下限付近で決まってしまうと、ますます厳しくなると思います。


マネックス証券のIPOルール

ウイングアーク1st(4432)IPOの初値予想

1,830円 (想定価格比:-140円)

(※大手予想会社の初値予想:1,800円~2,000円)

ウイングアーク1st(4432)IPOは、東証1部が濃厚だと思いますが、それでも再上場でこの規模(吸収金額451.1億円)だと厳しいと思います。

また、公募株ゼロの売出株のみというのは、どうしても投資ファンドの出口案件に見えてしまうため、かなり警戒されそうです。

よって、ウイングアーク1st(4432)IPOの初値は、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ウイングアーク1st(4432)IPOのその他初値予想はこちら

ウイングアーク1st(4432)IPOの幹事団

ウイングアーク1st(4432)IPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券 大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券

ウイングアーク1st(4432)IPOは当選枚数が非常に多いので、主幹事の野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券なら、かなり当選しやすそうです。

しかし、ウイングアーク1st(4432)IPOの初値は公開価格を割れる可能性があるため、当選欲しさに申し込むのは危険だと思います。

ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むのもありですね。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング