ワールド(3612)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(9月10日)から始まります。ワールドは再上場の大型IPOなので、かなり厳しそうな気配です。

ワールドは東証1部への新規上場が濃厚ですが、それでも今の地合いと規模の大きさを考えると、厳しいことに変わりないと思うので、険しい上場になりそうですね。

ワールド

ワールド(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ワールド
コード3612
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SBI証券
カブドットコム証券
上場日9月28日
仮条件決定日9月10日(2,900円~3,200円に決定)
ブックビルディング期間9月11日から9月14日まで
公開価格決定日9月18日(2,900円に決定)
申込期間9月19日から9月25日まで
公募14,850,000株
(国内:10,227,000株
海外:4,623,000株)
売出し1,833,000株
OA1,809,000株
吸収金額671.3億円
時価総額1,314.1億円
想定価格3,630円→公開価格:2,900円
初値価格初値決定後に追記

ワールドIPOの事業内容

ワールドは、ファッションに関る多彩なサービスや投資を展開する「総合ファッションサービスグループ」を目指して事業を展開しています。

ブランド事業では、アパレル・雑貨を問わず多様なチャネルに多様な価格帯で、56ブランド・2,488店舗(2018年3月末現在)を展開しています。

ワールドグループの主なブランドと店舗

ワールドグループの主なブランドと店舗

(※画像クリックで拡大)

プラットフォーム事業では、ファッションビジネスに必要なサービスをワンストップで提供しています。

デジタル事業では、総合ファッションモール「FASHIONWALKER」や、ワールドグループのブランド公式サイト「ワールドオンラインストア」を運営しています。

また、ブランド事業の現場に裏打ちされた確かなITソリューションの開発・提供も行っています。

投資事業では、魅力的なブランドのグループ化、新しいファッション・サービス、テクノロジーへの投資を行っています。

ワールドIPOの業績

ワールドの業績

(※画像クリックで拡大)

ワールドIPOの業績は、概ね堅調に推移していて問題なさそうです。

ワールドのIPO評価

ワールドは、IPOで不人気の再上場案件で規模(吸収金額671.3億円)も大きいため、需給面で警戒されそうです。

また、ワールドの知名度は高いと思いますが、ファッション事業自体はIPOで人気とは言えません。

よって、ワールドのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ワールドIPOの初値は、公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ワールドIPOのその他情報はこちら

ワールドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ワールドIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込むつもりです。

ワールドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
カブドットコム証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング