フリー(4478)IPOとBuySell Technologies(7685)IPOの抽選結果が発表されました。また、フリーとBuySell Technologiesの公開価格は、いずれも仮条件の上限で決まっています。

フリーとBuySell TechnologiesのIPO抽選結果は、にほんブログ村にも続々とアップされていますが、どちらも当選枚数が比較的多いため、当選または補欠当選された方が多そうです。

そして、私のフリーとBuySell TechnologiesのIPO抽選結果は以下の通りでした。


フリーIPOの抽選結果(SBI証券

フリー(SBI証券)

(※画像クリックで拡大)

フリーIPOは、IPOチャレンジポイント狙いでSBI証券のみ申込みましたが、思惑通りにはいかずに補欠当選してしまいました。

当選した場合は、お祭り気分で参加しても良いかなと思っていましたが、補欠なのでキャンセルするつもりです。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ちなみに、フリーIPOは公開価格の決定に合わせて、またしても公募株の国内(2,023,700株→167,100株)と海外(3,411,500株→5,268,500株)の配分数を変更しています。

公募株に関しては、ほとんどが海外分へと変更されたので、海外ではかなり人気があるように見えるだけに、ますます悩ましい状況になりましたね。

ただ、それでも他のIPO銘柄に比べてリスクが高いことに変りはないと思います。


IPO・新規公開株ランキング


BuySell TechnologiesのIPO抽選結果(SBI証券

BuySell Technologies(SBI証券)

(※画像クリックで拡大)

本日の本命だったBuySell Technologiesは残念ながら落選でした。BuySell TechnologiesはSBI証券が主幹事なのにあっさりと落選、フリーは平幹事なのに補欠当選…単なる愚痴になりますが、これでは補欠をキャンセルしたくなりますよね。

また、BuySell TechnologiesはSMBC日興証券松井証券などにも申込みましたが全滅です。

ちなみに、IPOチャレンジポイントのボーダーラインと当選配分数はまだ判然としませんが、300ポイント前半300株配分だったようです。ポイントに見合う初値が付くか注目ですね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

BuySell TechnologiesとフリーIPOのその他抽選結果はこちら

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング