「IPOその他」の記事一覧

初値の公開価格割れが続出!2022年前半のIPO初値騰落率ワースト5

IPOその他
IPO初値騰落率ワースト5

2022年前半のIPOは地合いが良くなったため、初値の公開価格割れが続出する事態となってしまいました。そこで、2022年4月までに新規承認したIPOの騰落率ワースト5をリストアップしてみました。

2022年4月までのIPO幹事ランキング!SBI証券が独走

IPOその他
IPO幹事ランキング

毎年のことですが、今年の5月もIPOの新規上場はトリプルアイズの1社のみで、IPO閑散期に突入といった感じです。ただ、6月のIPOはすでにANYCOLORが新規承認されており、ゴールデンウィークが明ければIPOの新規承認も加速しそうです。

2022年前半に新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5!

IPOその他
IPO初値騰落率ベスト5

2022年のIPO前半戦が終了したので、2022年4月までに新規上場したIPOの初値騰落率ベスト5をリストアップしてみました。今年のIPO前半戦は地合いが悪かったため、全般的にあまり良い初値が付きませんでした。

KOKUSAI ELECTRICが6月にもIPO新規上場か!?

IPOその他
KOKUSAI ELECTRIC

旧日立系半導体装置メーカーのKOKUSAI ELECTRICが6月にもIPO新規上場すると報じられています。KOKUSAI ELECTRICは株式会社日立国際電気から独立後、米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)のもとで半導体製造装置事業を展開している企業です。

2022年IPO前半戦の主幹事ランキング!みずほ証券が好スタート

IPOその他
IPO主幹事ランキング

今月のIPOは月末に新規上場するトリプルアイズ(5026)のみで、今のところ6月のIPOもANYCOLORしか新規承認されていません。しかし、6月から7月にかけてはいつも数多くのIPOが新規上場しているので、今年もゴールデンウィークが明けたら、IPOが次々と新規承認されるのではと期待しています。

5月のIPOは1社のみ!6月は例年通りならIPOラッシュ!?

IPOその他
IPO

今年はIPOの地合いが非常に悪かったため、今のところIPOの新規上場も当初の予想よりもかなり減っている感じです。また、上場中止も相次いでいて、5月のIPOも上場中止から改めて新規承認されたトリプルアイズの1社のみという状況です。

年始のIPO第一弾は期待大!?過去データをピックアップ

IPOその他
年始のIPO第一弾

今年(2022年)のIPO第一弾となるRecovery InternationalのBB(ブックビルディング)が来週からスタートします。そこで、年始のIPO(リートとインフラIPOは除く)第一弾の初値結果をチェックしてみました。

なるべくスルーしたい!2021年のIPO騰落率ワースト5

IPOその他
IPO騰落率ワースト5

毎年1月はIPO閑散期なので、今年もIPOの新規上場はありません。しかし、2月はすでに4銘柄のIPOが新規承認されています。そこで、2021年に新規上場したIPOの騰落率ワースト5をリストアップしてみました。

今年仕切り直して新規上場!?2021年に上場を中止したIPO

IPOその他
仕切り直しIPO

今年は4月に東証の市場再編が行われるため、2月はすでに4つのIPOが新規承認されています。また、3月も例年以上のIPOラッシュになると言われているため、昨年(2021年)上場中止(延期)になったIPO銘柄(すでに改めて新規上場した銘柄は除く)をピックアップしてみました。

2021年のIPO幹事ランキング!2022年のIPOでも期待大

IPOその他
IPO幹事ランキング

2022年のIPOは、すでにRecovery International、セイファート、ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング、ライトワークスの4銘柄が新規承認されています。また、今月はさらにいくつかのIPOが新規承認されそうです。

2021年のIPO主幹事ランキング!2022年のIPOでも要注目

IPOその他
IPO主幹事ランキング

2022年のIPOに備えて、2021年のIPO(リート等のIPOも含む)で主幹事を務めた証券会社をランキング形式でまとめてみました。IPOでは、主幹事が配分数(割当数)の大半を占めているため、主幹事に申し込むことがIPO当選への近道になります。

住信SBIネット銀行が上場申請!いよいよIPO新規上場が実現!?

IPOその他
住信SBIネット銀行

SBIホールディングス(8473)傘下の住信SBIネット銀行が、東京証券取引所に上場申請したと発表されました。住信SBIネット銀行は、以前からIPO候補としてピックアップされていたので、遂にきたかといった感じですね。

ゴールデンウイーク明けの株式市場は大幅高!直近のIPOはまちまち

IPOその他

ゴールデンウィーク明けの東京株式市場は、前営業日比518円74銭高の2万9331円37銭と大幅高で取引きを終えました。前日のニューヨーク市場が3万4230.34ドルと過去最高値を更新したことや、新型コロナウイルスワクチンへの期待感が主な要因になったようです。

ページの先頭へ