トレードワークス(3997)IPOは初日値付かずで二日目を迎えましたが、本日も値が付かず久々の三日目に持ち越しとなりました。

個人的には、1万円の大台は超えないのではと思っていましたが、予想をはるかに上回る強さで驚きました。それにしても、IPOの地合いは相変わらず絶好調のようですね。

トレードワークスIPO上場二日目の気配値

トレードワークスの気配値

(※画像クリックで拡大)

トレードワークスIPOは上記の通り、気配上限値段11,640円において、買い注文248,200株に対して、売り注文122,400株という状況(約2.03倍の買い越し)で上場初日を終えています。

上場三日目となる明日(12月1日)は、本日と同じく即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)なので、買い注文の減少が予想されます。

トレードワークスIPOは約2.03倍の買い越しなので、明日も買い気配スタートになるかもしれませんが、さすがに早い段階で初値が付くと思います。

トレードワークスIPO上場三日目の初値予想

12,000円 (公開価格比:+9,800円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,200円~4,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,400円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:5,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版二日目:6,600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版三日目:12,000円)

トレードワークスIPO上場二日目のフル板

トレードワークスのフル板

(※画像クリックで拡大)

トレードワークスIPOは上記の通り、気配上限価格の11,640円に張り付いたままで、上場二日目を終えています。明日は、本日の合致点が12,010円だったので、12,000円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

トレードワークスIPOのその他初値予想はこちら

ちなみに、私は楽天証券の「マーケットスピード」でフル板の合致点を確認しています。楽天証券の「マーケットスピード」は、信用口座を開設すれば、無料でフル板も利用できるのでオススメです。

楽天証券はIPO(新規公開株)だけでなく、立会外分売にもネットから申し込めて、株主優待でも使い勝手の良い証券会社です。

トレードワークスIPO初値決定前(三日目)の気配運用

トレードワークスIPOの気配上限値段は、最終気配価格比2.3倍の26,780円で、更新値幅は590円で更新時間10分になります。

気配下限値段は、最終気配価格比0.75倍の8,730円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして注文受付価格の範囲は、2,910円以上で46,600円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ