アルヒ(7198)IPOは、規模(吸収金額256.2億円)の大きさから東証1部市場への上場が濃厚だと思います。

ただ、IPOラッシュ中で人気化必至のエル・ティー・エスIPOとの同時上場ということも考えると、それでも需給面で苦戦しそうです。

アルヒ

アルヒIPOの関連記事

アルヒIPOのBBスタンスとIPO評価!モーゲージバンク事業を展開!

アルヒIPOの新規上場を承認!野村證券とみずほ証券が共同主幹事!

アルヒIPOの仮条件

1,150円~1,340円

アルヒIPOの仮条件は、想定価格の1,340円を上限に下方へ拡げたレンジで設定されています。アルヒIPOは、当初から規模の大きさが懸念されていたので、やや弱めの仮条件も納得です。

ただ、やや弱めの仮条件になったということで、さらに需給面で警戒される可能性はありますね。


SMBC日興証券のIPOルール

アルヒIPOの初値予想

1,340円⇒1,300円 (公開価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,340円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,240円~1,340円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,340円~1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第四弾:1,300円~1,450円)

アルヒIPOは、全期間固定金利住宅ローン「フラット35」で7年連続シェアNo.1(2010年度~2016年度統計)を達成していて、業績も悪くないと思います。

しかし、IPOラッシュ中の新規上場で規模(吸収金額256.2億円)も大きく、公募株ゼロの売出株のみというのも印象が悪いため、公開価格を守れれば上出来だと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アルヒIPOのその他初値予想はこちら

アルヒIPOの幹事団

アルヒIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 みずほ証券
UBS証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券

アルヒIPOは、規模が大きくて当選枚数も多いため、主幹事の野村證券だけでなく、SMBC日興証券SBI証券などの平幹事でも当選が期待出来そうです。

しかし、アルヒIPOは公開価格割れのリスクもあるため、当選欲しさに申し込むのは禁物だと思います。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社