フュージョン(3977)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の2月6日からスタートします。フュージョンIPOが上場する札幌証券取引所アンビシャス市場は、あまり馴染みがありませんが、新興企業向けの株式市場です。

ちなみに、札幌証券取引所アンビシャス市場への新規上場は、2015年6月のエコノス(3136)以来となります。

フュージョン

フュージョン(札証アンビシャスIPO)のIPO基本情報

銘柄名フュージョン
コード3977
主幹事証券岡三証券
幹事証券SBI証券
上光証券
SMBCフレンド証券
エイチ・エス証券
上場日2月23日
仮条件決定日2月2日(1,000円~1,140円に決定)
ブックビルディング期間2月6日から2月10日まで
公開価格決定日2月13日(1,140円に決定)
申込期間2月15日から2月20日まで
公募120,000株
売出し40,000株
OA0株
吸収金額1.6億円
想定価格1,000円
初値価格2,872円


フュージョンIPO幹事のSBI証券

フュージョンIPOの事業内容

フュージョンは、ビッグデータ等の分析、システム設計・構築・各種プロモーションに関する高度なコンサルティングを行う総合マーケティングサービスプロバイダ企業です。

フュージョンは、ダイレクトマーケティングに関する様々なソリューションを通じた、企業と顧客や消費者とのマーケティングコミュニケーションの支援を主たる事業としています。

具体的には、「マーケティングリサーチ」「マーケティングシステム」「ダイレクトプロモーション」の3つのサービスを提供しています。

フュージョンIPOの業績

フュージョンの業績

(※画像クリックで拡大)

フュージョンIPOの売上高は、概ね順調に推移しており、利益も急激に伸びているようです。

フュージョンのIPO評価

フュージョンIPOは、とにかく規模(吸収金額1.6億円)が極少なので、需給面で人気を集めそうです。

ただ、フュージョンIPOは上場市場が札幌証券取引所アンビシャスなので、多少割り引いて見なければいけないかもしれません。

しかし、フュージョンIPOはビッグデータというテーマ性もあるので、それでもかなり期待出来そうです。

また、フュージョンIPOは、レノバIPOユナイテッド&コレクティブIPOとの3社同時上場ですが、3社とも規模が小さめなので、資金分散の影響は少なそうです。

よって、フュージョンのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。フュージョンIPOは、とにもかくにも当選枚数が少なくて希少性があるので、公開価格の2倍程度は狙えそうです。


にほんブログ村

フュージョンIPOのその他情報はこちら

フュージョンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

フュージョンIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。かなり競争率が高そうですが、主幹事の岡三証券と抽選配分比率の高いSBI証券に期待しています。

フュージョンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
岡三証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
上光証券 口座なし
SMBCフレンド証券 ネット口座での取扱いなし?
エイチ・エス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社