シンクロ・フード(3963)IPOの新規上場が承認されました。シンクロ・フードIPOは、9月29日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

9月のIPOは、これでREIT(リート)IPOも含めて10銘柄目になりました。10月以降のIPOラッシュに向けて、良い感じになってきましたね。

シンクロ・フード

シンクロ・フード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名シンクロ・フード
コード3963
主幹事証券野村証券
幹事証券SBI証券
大和証券
SMBC日興証券
丸三証券
上場日9月29日
仮条件決定日9月8日(1,960円~2,100円に決定)
ブックビルディング期間9月9日から9月15日まで
公開価格決定日9月16日(2,100円に決定)
申込期間9月20日から9月26日まで
公募400,000株
売出し300,000株
OA105,000株
吸収金額15.8億円
想定価格1,960円


↑シンクロ・フードIPOで幹事を務めるSBI証券↑

シンクロ・フードIPOの概要

シンクロ・フードIPOは、飲食店出店予定者や運営者と、飲食店に関わる各事業者等を繋ぐ「飲食店.COM」を中心に、飲食業支援のトータルサービスをプラットフォーム上で展開している企業です。

また、シンクロ・フードIPOは、主力サイトである「飲食店.COM」の他に、「求人@飲食店.COM」「飲食店PR.COM」「店舗デザイン.COM」「求人@インテリアデザイン」「居抜き情報.COM」といったサイトも運営しています。

シンクロ・フードIPOは、吸収金額が15.8億円(想定価格ベース)と中規模ですが、荷もたれするほどでは無いですね。

シンクロ・フードIPOは、飲食業に特化したマッチング支援という事業内容をどう見るかで評価が変わりそうです。

シンクロ・フードIPOの幹事団には、9月のIPOでも大半の銘柄を取り扱っているSBI証券が名を連ねています。


SBI証券のIPOルール

また、バリューデザインIPOで主幹事を務めるSMBC日興証券と、口座数が少なめで穴場の丸三証券も幹事入りしています。


SMBC日興証券のIPOルール


丸三証券のIPOルール

シンクロ・フードIPOの初値予想

シンクロ・フードIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月8日以降)に追記させていただきます。

3,150円 (想定価格比:+1,190円)

(※大手予想会社の初値予想:2,800円~3,200円)

(※大手予想会社の初値予想:2,600円~3,000円)


にほんブログ村

シンクロ・フードIPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPO投資では、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことが当選への近道なので、新たな口座を開設してIPOをゲットしましょう。

IPOにオススメの証券会社