国際紙パルプ商事(9274)IPOの新規上場が承認されました。国際紙パルプ商事IPOは、6月26日に東証1部又は2部市場へ新規上場する予定です。

また、国際紙パルプ商事IPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。IPOは、先週から連日にわたって新規承認されていて良い感じですね。

国際紙パルプ商事

国際紙パルプ商事(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名国際紙パルプ商事
コード9274
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
岡三証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日6月26日
仮条件決定日6月5日(314円~344円に決定)
ブックビルディング期間6月7日から6月13日まで
公開価格決定日6月14日(344円に決定)
申込期間6月18日から6月21日まで
公募7,000,000株
売出し0株
OA1,050,000株
吸収金額27.7億円
時価総額254.7億円
想定価格344円→公開価格:344円
初値価格初値決定後に追記


国際紙パルプ商事IPO幹事のSMBC日興証券

国際紙パルプ商事IPOの概要

国際紙パルプ商事IPOは、社名からも分かる通り、国内外における紙パルプ卸売業を中心に、板紙、紙加工品、古紙、化成品、紙関連機械、包装資材、その他関連商品の売買及び輸出入を行っている企業です。

また、国際紙パルプ商事IPOは環境ソリューションやWebソリューションなど、顧客の抱えるあらゆる問題をともに解決するためのソリューション事業も展開しています。

国際紙パルプ商事IPOは、東証1部か2部かで評価が変わると思いますが、想定価格(344円)通りなら時価総額が250億円を超えるので、東証1部になると思います。

東証1部に決まった場合、規模(吸収金額27.7億円)が小さいため、需給面はさほど悪くないと思います。しかし、想定価格が安いので旨みは少ない感じです。

ただ、主幹事のみずほ証券は、低位株だけに複数配分の可能性もあると思います。いずれにしても、まずは上場市場が東証1部になるかがポイントになりそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

国際紙パルプ商事IPOのその他情報はこちら

国際紙パルプ商事IPOでオススメの幹事証券

主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、今年のIPOで主幹事や幹事を数多く務めているSMBC日興証券も要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール


また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須です。


SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


さらに、岡三証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券カブドットコム証券が委託幹事入りする可能性もありそうです。←正式に決定しました!

国際紙パルプ商事IPOの初値予想

国際紙パルプ商事IPOの初値予想は、仮条件決定後(6月5日以降)に追記させていただきます。

394円 (想定価格比:+50円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:400円~450円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:380円~430円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング