ロードスターキャピタル(3482)IPOの仮条件が決定しています。ロードスターキャピタルIPOは、メインの不動産投資事業よりも、クラウドファンディング「OwnersBook(オーナーズブック)」や、AI(人工知能)によるオフィス価値査定サービス「AI-Checker」で注目されています。

不動産事業はIPOで人気化しにくい印象ですが、クラウドファンディングやAI(人工知能)というテーマ性もあるため、それなりの人気を集めそうです。

ロードスターキャピタル

ロードスターキャピタルIPOの関連記事

ロードスターキャピタルIPOのBBスタンスとIPO評価!OwnersBookで話題!

ロードスターキャピタルIPOの新規上場を承認!主幹事はみずほ証券!

ロードスターキャピタルIPOの仮条件

1,640円~1,820円

ロードスターキャピタルIPOの仮条件は、想定価格の1,820円を上限に下方へ拡げたレンジになっています。

ロードスターキャピタルIPOは、当初からそこそこ注目されていたので、もう少し強気の仮条件になると思っていましたが、意外と弱めな仮条件になっています。

ただ、公開価格が仮条件の上限(1,820円)で決まれば想定価格通りなので、特に問題はありませんね。


SMBC日興証券のIPOルール

ロードスターキャピタルIPOの初値予想

2,620円 (想定価格比:+800円)

(※大手予想会社の初値予想:2,200円~2,500円)

ロードスターキャピタルIPOは、マザーズへの単独上場ですが、やや規模(吸収金額23億円)の大きさが気になります。

ただ、不動産特化型クラウドファンディング「OwnersBook(オーナーズブック)」やAI(人工知能)によるオフィス価値査定サービス「AI-Checker」は、フィンテック分野への事業拡大が見込めるため、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ロードスターキャピタルIPOのその他初値予想はこちら

ロードスターキャピタルIPOの幹事団

ロードスターキャピタルIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岡三証券
岩井コスモ証券
エース証券
丸三証券
岡三オンライン証券

ロードスターキャピタルIPOの幹事団には、主幹事のみずほ証券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券など、IPOでお馴染みの証券会社が顔を揃えています。

平幹事の中で一番抽選配分数が多そうなマネックス証券、口座数が少なめで穴場の松井証券、前受金不要の岡三オンライン証券も要チェックです。


マネックス証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社