ロコンド(3558)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の17日(金)からスタートします。ロコンドIPOは、3月のIPO第一弾で、野村証券が主幹事を務めることになっています。

ロコンドIPOは、マザーズ市場への新規上場銘柄としては規模が大きいため、今のところ注目度は低そうです。

ロコンド

ロコンド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ロコンド
コード3558
主幹事証券野村證券
幹事証券大和証券
マネックス証券
SBI証券
SMBC日興証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
上場日3月7日
仮条件決定日2月16日(1,660円~1,850円に決定)
ブックビルディング期間2月17日から2月23日まで
公開価格決定日2月24日(1,850円に決定)
申込期間2月27日から3月2日まで
公募924,000株
売出し651,700株
OA236,300株
吸収金額30.1億円
想定価格1,660円
初値価格2,625円


ロコンドIPO幹事のマネックス証券

ロコンドIPOの事業内容

ロコンドは、「自宅で試着、気軽に返品」出来ることをコンセプトとした、靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」を軸にECサービスを展開している企業です。

また、ロコンドはECサービスで構築した IT・物流インフラ等のプラットフォームを共有・活用し、、各ブランドを総合的に支援するプラットフォームサービスも行っています。

売上高の大半を占めるECサービスでは、自社サイト「LOCONDO.jp」の他に、楽天市場やYahoo!ショッピング等の他社モールで展開する「LOCOMALL(ロコンド公式ストア)」も運営しています。

ロコンドIPOの業績

ロコンドの業績

ロコンドIPOの業績は、ようやく黒字化が見えてきたところなので、あまり良いとは言えませんね。

ロコンドのIPO評価

ロコンドIPOは、何と言っても規模(吸収金額30.1億円)の大きさがネックです。また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いこともマイナス材料です。

さらに、ロコンドIPOは業績も良いとは言えず、正直言って良い面があまり見当たりません。靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」の知名度は高そうですが、それだけでは厳しそうです。

よって、ロコンドのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ロコンドIPOは、規模が大きいだけに比較的当選しやすそうですが、公開価格割れのリスクもやや高めなので、当選欲しさに参加すると火傷しそうです。


にほんブログ村

ロコンドIPOのその他情報はこちら

ロコンドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ロコンドIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送るつもりです。ただ、仮条件次第では、一部参加するかもしれません。

また、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込みます。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ロコンドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB不参加
大和証券 BB不参加
マネックス証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社