日本モーゲージサービス(7192)IPOの新規上場が承認されました。日本モーゲージサービスIPOは、12月19日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

日本モーゲージサービスIPOは、注目度NO.1のZMP(7316)IPOとの同時上場なので、ZMP(7316)IPOの陰に隠れてしまいそうなのが残念です。

日本モーゲージサービス

日本モーゲージサービス(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名日本モーゲージサービス
コード7192
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SMBC日興証券
SMBCフレンド証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
上場日12月19日
仮条件決定日11月28日(1,810円~2,010円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月6日まで
公開価格決定日12月7日(2,010円に決定)
申込期間12月9日から12月14日まで
公募300,000株
売出し69,600株
OA55,000株
吸収金額8.5億円
想定価格2,010円


日本モーゲージサービスIPO幹事のSMBC日興証券

日本モーゲージサービスIPOの概要

日本モーゲージサービスIPOは、住宅ローンの貸付及び媒介を中心に、住宅金融支援機構の住宅ローンに関する事務の代行や、損害保険の代理店業務などを行っている企業です。

住宅ローンがメインの金融業は、IPO的に微妙な印象ですが、吸収金額は8.5億円(想定価格ベース)と手頃な規模なので、意外と健闘するかもしれません。

ただ、日本モーゲージサービスIPOは、上場市場がジャスダックスタンダードなので、マザーズ市場に比べれば少し評価が落ちます。

さらに、日本モーゲージサービスIPOは、ZMP(7316)IPOをはじめ、いくつかのIPO銘柄とBB(ブックビルディング)期間が重なっているので、資金分散の影響を受けそうですね。


にほんブログ村

日本モーゲージサービスIPOのその他情報はこちら

日本モーゲージサービスIPOの幹事団には、ZMP(7316)IPOで主幹事を務めるSMBC日興証券と、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券が名を連ねています。


SMBC日興証券のIPOルール


SBI証券のIPOルール

日本モーゲージサービスIPOの初値予想

日本モーゲージサービスIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月28日以降)に追記させていただきます。

2,450円 (想定価格比:+440円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,200円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,700円~3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOでは、なるべく多くの証券会社に申し込むことが、IPO当選への近道なので、まだ持っていない証券口座をチェックして、早めの口座開設をオススメします。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング