ピーバンドットコム(3559)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の2月21日から始まります。ピーバンドットコムIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを利用するかも含めて、色々と話題になりそうです。

3月中旬以降はIPOラッシュですが、ピーバンドットコムIPOは幸いにも単独上場なので、日程には恵まれていますね。

ピーバンドットコム

ピーバンドットコム(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ピーバンドットコム
コード3559
主幹事証券SBI証券
幹事証券SMBC日興証券
松井証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エース証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
上場日3月9日
仮条件決定日2月17日(1,530円~1,650円に決定)
ブックビルディング期間2月21日から2月27日まで
公開価格決定日2月28日(1,650円に決定)
申込期間3月2日から3月7日まで
公募150,000株
売出し650,000株
OA60,000株
吸収金額13.3億円
想定価格1,550円
初値価格3,530円

ピーバンドットコムIPOの事業内容

ピーバンドットコムは、プリント基板のネット通信販売サイト「P板.com(ピーバンドットコム)」を運営している企業です。

「P板.com(ピーバンドットコム)」は、プリント基板の設計・製造・実装をインターネット上でトータルに請け負い、業界内でも驚きの低価格・短納期・高品質を実現しています。

また、「P板.com(ピーバンドットコム)」は、「品質基準の維持向上」及び「納期遵守の徹底」を最優先に信頼と実績を重ね、累計取引社数は18,000社を超えています。

「P板.com(ピーバンドットコム)」が取り扱うプリント基板は、自動車、テレビ、スマートフォン、医療機器など、あらゆる電子機器に必ず使われているので、一定の需要がありそうですね。

ピーバンドットコムIPOの業績

ピーバンドットコムの業績

(※画像クリックで拡大)

ピーバンドットコムIPOの業績は、概ね順調に推移しており、2017年3月期も増収増益の見通しなので、特に問題なさそうです。

ピーバンドットコムのIPO評価

ピーバンドットコムは、想定価格ベースで吸収金額が13.3億円とそこそこの規模で、売出株が公募株の4倍以上と多い点が懸念材料です。

ただ、ピーバンドットコムはIPOラッシュ前の単独上場で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないことから、需給面はそれほど悪くないと思います。

よって、ピーバンドットコムのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ピーバンドットコムは総合的に見て大きな欠点はなく、需給面もまずまずなので、公開価格をしっかりと上回る初値が付きそうです。


にほんブログ村

ピーバンドットコムIPOのその他情報はこちら

ピーバンドットコムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ピーバンドットコムIPOのBB(ブックビルディング)、今のところ全力で臨む予定です。ただ、主幹事のSBI証券では、IPOチャレンジポイントを使わずに申し込むつもりです。

その他、SMBC日興証券マネックス証券松井証券岩井コスモ証券にも必ず申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと考えています。

ピーバンドットコムIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
松井証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いは無し
マネックス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社