シャノン(3976)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の水曜日(1月11日)から始まります。シャノンは、2017年のIPO第一弾なので、注目度が高くて間違いなく人気化しそうです。

また、シャノンIPO主幹事の東洋証券は、普段あまり主幹事を務めることがないため、口座を持っている方が少なく、このタイミングで口座開設の申請が殺到しているようです。

シャノン

シャノン(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名シャノン
コード3976
主幹事証券東洋証券
幹事証券SBI証券
マネックス証券
みずほ証券
エース証券
極東証券
上場日1月27日
仮条件決定日1月10日(1,300円~1,500円に決定)
ブックビルディング期間1月11日から1月17日まで
公開価格決定日1月18日(1,500円に決定)
申込期間1月20日から1月25日まで
公募150,000株
売出し22,500株
OA0株
吸収金額2.4億円
想定価格1,400円
初値価格6,310円


シャノンIPO主幹事の東洋証券

シャノンIPOの事業内容

シャノンは、クラウド製品である統合型マーケティング支援サービス「シャノンマーケティングプラットフォーム」の開発・販売及び関連するマーケティングコンサルティングサービスの提供を行っています。

また、「シャノンマーケティングプラットフォーム」によるマーケティングプラットフォーム事業は、「マーケティングオートメーション」と「イベントマーケティング」の2つのサービスから構成されています。

シャノンIPOの業績

シャノンの業績

(※画像クリックで拡大)

シャノンIPOの売り上げは、概ね順調に推移しており、利益も急激に伸びているようです。また、2017年10月期の業績も増収増益の見通しとなっています。

シャノンのIPO評価

シャノンIPOは、極めて規模(吸収金額2.4億円)が小さいため、当選枚数も少なく、プレミアチケットと言っても過言ではありません。また、シャノンIPOはクラウドというテーマ性からも関心を集めそうです。

よって、シャノンのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。シャノンIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(273,900株)が唯一の気掛かりですが、その他に死角は見当たらず、年初1発目のIPOは初値が跳ねるというアノマリーからも、かなり高い初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

シャノンIPOのその他情報はこちら

シャノンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シャノンIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込みます。主幹事の東洋証券はもとより、平幹事のSBI証券マネックス証券みずほ証券にも微かに期待しています。

シャノンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東洋証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社