イーソル(4420)、プロレド・パートナーズ(7034)、マネジメントソリューションズ(7033)、ビューティガレージ(3180)、大和コンピューター(3816)の立会外分売が発表されています。

今週は、IPOのBB(ブックビルディング)や新規上場もあるため、立会外分売まで手が回らない可能性もありますが、何とか上手く立ち回って、チャンスを逃さないようにしたいところです。

イーソル

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
イーソル
(東M・4420)
9/25~9/27 71,000株 100株
プロレド・パートナーズ
(東M・7034)
9/25~9/27 × 157,000株 100株
マネジメントソリューションズ
(東M・7033)
9/26~9/30 200,000株 100株
ビューティガレージ
(東1・3180)
9/27~10/4 60,000株 100株
大和コンピューター
(東JQ・3816)
10/2~10/4 65,000株 1,000株

(※2019年9月24日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

イーソル(4420)は流動性が高く、東証1部昇格が視野に入っていて分売株数(71,000株)も少ないため、今のところ全力で参加するつもりです。

プロレド・パートナーズ(7034)はただでさえ値がさなのに、株価が分売発表後から急騰しているため、上手くハマれば大きな利益が得られる反面、リスクもかなり高そうなので見送る予定です。

マネジメントソリューションズ(7033)は流動性が高く、東証1部昇格も視野に入っているため、今後の株価推移と割引率によって参加するかどうか決めたいと思います。

ビューティガレージ(3180)は流動性に問題なく、貸借銘柄で分売株数(60,000株)も少ないため、全力で申し込むつもりです。

大和コンピューター(3816)はそこそこの流動性ですが、分売株数(65,000株)が少ないため、今のところ参加する予定です。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング