i-plug(4177)IPOの新規上場が承認されました。i-plug(アイプラグ)のIPOは、3月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、i-plugのIPO主幹事は大和証券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介するT.S.I(7362)IPOも新規承認されています。3月は予想通りIPOラッシュの様相を呈してきましたね。

i-plug

i-plug(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名i-plug
コード4177(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岡三証券
いちよし証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券
上場日3月18日
仮条件決定日3月1日(2,470円~2,620円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公開価格決定日3月10日
申込期間3月11日から3月16日まで
公募270,000株
売出し241,600株
OA76,700株
吸収金額14.5億円
時価総額92.2億円
想定価格2,470円
初値価格初値決定後に追記


i-plug(4177)IPO幹事のマネックス証券

i-plugのIPO概要

i-plug(アイプラグ)IPOは、新卒逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」シリーズを運営しています。

OfferBoxは、新卒オファー型就活サイトで3年連続学生利用率No.1 (HR総研/ProFuture株式会社 2018~2020年調査)の新卒に特化したダイレクトリクルーティングサービスサイトです。

OfferBoxには、大手や外資からベンチャーまで、7,830社を超える優良企業が登録されており、2022年度の登録学生数は122,000名を突破しています。

i-plug(4177)IPOは、今のところマザーズへの単独上場で、規模(吸収金額14.5億円)もそれほど大きくないため、それなりに注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

i-plugのIPO幹事団は主幹事の大和証券を中心に、IPO幹事常連のSBI証券や100%平等抽選のマネックス証券などの7社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!

i-plugのIPO初値予想

i-plugのIPO初値予想は、仮条件決定後(3月1日以降)に追記させていただきます。

8,000円 (想定価格比:+5,530円)

(※大手予想会社の初値予想:5,200円~6,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社