アイ・ピー・エス(4390)IPOの新規上場が承認されました。アイ・ピー・エスIPOは、6月27日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

アイ・ピー・エスIPOは、昨日新規承認されたエーアイIPOプロパティデータバンクIPOとの3社同時上場になります。また、主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

アイ・ピー・エス

アイ・ピー・エス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アイ・ピー・エス
コード4390
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券
岡三証券
むさし証券
岡三オンライン証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月7日(3,730円~3,900円に決定)
ブックビルディング期間6月11日から6月15日まで
公開価格決定日6月18日
申込期間6月19日から6月22日まで
公募320,000株
売出し0株
OA48,000株
吸収金額13.7億円
時価総額86.5億円
想定価格3,730円
初値価格6,670円


アイ・ピー・エスIPO幹事のSBI証券

アイ・ピー・エスIPOの概要

アイ・ピー・エスIPOは、日本とフィリピンそれぞれの国内通信事業や、フィリピンと各国をつなぐ国際通信事業を行っています。

また、アイ・ピー・エスIPOは職業紹介等の在留フィリピン人関連事業及び医療事業も展開しています。

アイ・ピー・エスIPOは、さほど規模(吸収金額13.7億円)が大きくなくて業績も好調そうなので、それなりに注目されそうです。ただ、同時上場する3社の中では一番規模が大きいので、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アイ・ピー・エスIPOのその他情報はこちら

アイ・ピー・エスIPOでオススメの幹事証券

主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、IPO抽選組に人気のSBI証券SMBC日興証券も要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール


また、100%完全抽選なので比較的抽選配分数が多くなる傾向にあるマネックス証券も外せません。


マネックス証券のIPOルール


さらに、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券の委託幹事りも期待できそうです。←正式に決定しました!

アイ・ピー・エスIPOの初値予想

アイ・ピー・エスIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月7日以降)に追記させていただきます。

7,000円 (想定価格比:+3,270円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,500円~7,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,000円~7,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:6,500円~8,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング