香陵住販(3495)IPOの新規上場が承認されました。香陵住販IPOは、9月13日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、香陵住販IPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。マリオンIPOとの同時上場になってしまったのは残念ですが、来週もこの調子で次々とIPOが新規承認されてほしいですね。

香陵住販

香陵住販(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名香陵住販
コード3495
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)水戸証券
マネックス証券
野村證券
大和証券
SMBC日興証券
岡三証券
いちよし証券
岡三オンライン証券
上場日9月13日
仮条件決定日8月24日
ブックビルディング期間8月28日から9月3日まで
公開価格決定日9月4日
申込期間9月5日から9月10日まで
公募260,000株
売出し109,000株
OA55,300株
吸収金額7.2億円
時価総額21.2億円
想定価格1,700円
初値価格初値決定後に追記


香陵住販IPO幹事のマネックス証券

香陵住販IPOの概要

香陵住販IPOは、総合不動産会社として不動産売買や賃貸管理をはじめ、建物のリフォーム・リノベーション、土地の有効活用、そしてマンション・アパートの経営コンサルティングなどを行っています。

香陵住販IPOは地元の茨城県はもとより、東京都においても不動産売買や賃貸管理などを展開しています。

香陵住販IPOは、人気になりにくい不動産事業を展開する地方企業ですが、規模(吸収金額7.2億円)が小さいため、需給面で関心を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

香陵住販IPOのその他情報はこちら

香陵住販IPOでオススメの幹事証券

主幹事のみずほ証券は当然ながら、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券も要チェックです。


マネックス証券のIPOルール


また、今年のIPOで数多くの主幹事を務めているSMBC日興証券も幹事団入りしてます。


SMBC日興証券のIPOルール


さらに、岡三証券も幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券が委託幹事入りする可能性も高いと思います。→正式に決定しました!

香陵住販IPOの初値予想

香陵住販IPOの初値予想は、仮条件決定後(8月24日以降)に追記させていただきます。

-円

(※大手予想会社の初値予想:2,500円~2,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社