伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(3493)IPOの新規上場が承認されました。伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOは、9月7日に東証REIT(リート)市場へ新規上場する予定です。

また、伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOの主幹事はSMBC日興証券をはじめ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券大和証券が共同で務めることになっています。

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOは、少し前に9月にも上場する見通しと報じられていたので報道通りでしたね。→(伊藤忠、物流REIT上場へ:日本経済新聞

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人
コード3493
主幹事証券SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
上場日9月7日
仮条件決定日8月22日(100,000円~103,000円に決定)
ブックビルディング期間8月23日から8月29日まで
公開価格決定日8月30日(103,000円に決定)
申込期間8月31日から9月5日まで
公募356,143口
売出し0口
OA15,857口
吸収金額372.7億円
時価総額357.1億円
想定価格100,000円→公開価格:103,000円
初値価格99,300円


主幹事のSMBC日興証券

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOの概要

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOは、伊藤忠グループが開発する物流不動産に重点投資を行うことで長期安定的なポートフォリオを構築し、投資主利益を最大化することを目指しています。

また、伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOの上場時ポートフォリオは、7物件、資産規模538億円、平均鑑定NOI利回り5.0%となる見込みです。

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOは、REIT(リート)IPOで重要視されているスポンサー力という点では問題なさそうです。

また、ロジスティクス(物流)に特化している点もプラス要素ですが、このところREIT(リート)IPO自体は低調なので、さらに詳しく調べて慎重に判断したいと思います。

※REIT(リート)IPOは通常のIPOと異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOのその他情報はこちら

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOでオススメの幹事証券

主幹事のSMBC日興証券は、通常のIPOだけでなく、REIT(リート)IPOにもネットから申し込めるので、IPO投資に必要不可欠な証券会社です。


SMBC日興証券のIPOルール

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人IPOの初値予想

伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資IPOの初値予想は、仮条件決定後(8月22日以降)に追記させていただきます。

106,000円⇒103,000円 (公開価格比±0円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング