マリオン(3494)IPOの新規上場が承認されました。マリオンIPOは、9月13日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

マリオンIPOの主幹事はSBI証券なので,今回もにほんブログ村などでIPOチャレンジポイントのボーダーラインや当選配分数について、大いに盛り上がりそうですね。

マリオン

マリオン(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名マリオン
コード3494
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
エース証券
極東証券
東海東京証券
むさし証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
上場日9月13日
仮条件決定日8月23日(2,200円~2,380円に決定)
ブックビルディング期間8月27日から8月31日まで
公開価格決定日9月3日
申込期間9月5日から9月10日まで
公募243,200株
(新株式の発行:40,000株
自己株式の処分:203,200株)
売出し0株
OA36,400株
吸収金額6.1億円
時価総額34億円
想定価格2,170円→公開価格:2,380円
初値価格3,800円


マリオンIPO主幹事のSBI証券

マリオンIPOの概要

マリオンIPOは、賃貸用不動産の運営及び管理ならびに、不動産賃料収入に基づく不動産証券化商品の組成及び販売を行っています。

ちなみに、不動産証券化商品としては「マリオンボンド」と「サラリーマンボンド」を組成販売しています。

マリオンIPOは、主幹事がSBI証券で規模(吸収金額6.1億円)も小さいため、かなり注目されそうです。

ジャスダックの不動産関連IPOは、人気になりやすいとは言えませんが、小型で日程にも恵まれているので、それなりに期待出来そうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

マリオンIPOのその他情報はこちら

マリオンIPOでオススメの幹事証券

マリオンIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能です。


SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


また、IPO幹事常連で主幹事を務めることも多いSMBC日興証券も要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール

マリオンIPOの初値予想

マリオンIPOの初値予想は、仮条件決定後(8月23日以降)に追記させていただきます。

4,800円 (想定価格比:+2,630円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:4,300円~5,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,700円~5,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社