ステムリム(4599)IPOの新規上場が承認されました。ステムリムIPOは、8月9日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ステムリムIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。ステムリムは8月のIPO第一弾になりそうです。

8月は、例年通りならIPO閑散期ですが、それでもあと二つ三つは新規承認されてほしいですね。

ステムリム

ステムリム(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ステムリム
コード4599
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
野村證券
みずほ証券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
楽天証券
西村証券
上場日8月9日
仮条件決定日7月24日
ブックビルディング期間7月25日から7月31日まで
公開価格決定日8月1日
申込期間8月2日から8月7日まで
公募6,000,000株
売出し2,400,000株
OA1,260,000株
吸収金額294.6億円
時価総額1,533.6億円
想定価格3,050円(想定仮条件2,370円~3,730円の平均価格)
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ステムリムIPO主幹事のSMBC日興証券

ステムリムIPOの概要

ステムリムIPOは、怪我や病気により損傷し機能を失った生体組織の機能的再生・治癒を促進する「再生誘導医薬」を研究開発しているバイオテック企業です。

ちなみに、ステムリムIPOが実現を目指す「再生誘導医薬」は、生きた細胞や組織を用いることなく、医薬品の投与のみによって、再生医療と同等の治療効果を得られる新しい医薬品です。

ステムリムIPOは、やはり規模(吸収金額294.6億円)の大きさが気になります。ただし、売出株の一部は欧州およびアジアを中心とする海外市場(米国およびカナダを除く)の海外投資家に販売される予定です。

また、ステムリムIPOの「再生誘導医薬」には社会的意義を感じますが、バイオ関連はIPOで人気になりにくいため、慎重に判断する必要がありそうです。

ステムリムIPOでオススメの幹事証券

SMBC日興証券は、IPOで主幹事を務めることが多いため、IPO投資に欠かすことのできない証券会社です。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!


また、IPOチャレンジポイントでも当選が狙えるSBI証券と、IPOの取扱銘柄数が急増中の楽天証券も要チェックです。


楽天証券のIPOルール


さらに、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ステムリムIPOのその他情報はこちら

ステムリムIPOの初値予想

ステムリムIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月24日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社