エイトレッド(3969)IPOのBB(ブックビルディング)が、12月7日から(12月13日まで)開始されます。エイトレッドは、IPOラッシュ終盤での新規上場なので、買い疲れが少々心配ですが、それでもわりと期待出来そうな銘柄です。

ただ、エイトレッドIPOは、前日に新規上場するセグエグループIPOイノベーションIPOが初日値付かずになると、フォーライフIPOを交えた同時上場になってしまいますね。

エイトレッド

エイトレッド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エイトレッド
コード3969
主幹事証券大和証券
幹事証券いちよし証券
SMBC日興証券
藍澤證券
東洋証券
上場日12月22日
仮条件決定日12月5日(1,700円~1,800円に決定)
ブックビルディング期間12月7日から12月13日まで
公開価格決定日12月14日(1,800円に決定)
申込期間12月15日から12月20日まで
公募200,000株
売出し400,000株
OA90,000株
吸収金額12.4億円
想定価格1,800円


エイトレッドIPO幹事のSMBC日興証券

エイトレッドIPOの事業内容

エイトレッドは、Java技術を活用した日本型業務プロセスに適応したワークフロー製品を独自開発し、パッケージソフトとして「X-point」及び「AgileWorks」を販売し、クラウドサービスとして「X-point Cloud」を提供している企業です。

ちなみに、ワークフロー製品とは、企業の様々な業務にかかる稟議や申請から承認や決裁に至るまでの事務フローを電子化し、業務プロセスの効率化や自動化及び内部統制の強化を図る製品のことです。

エイトレッドIPOの業績

エイトレッドの業績

(※画像クリックで拡大)

エイトレッドIPOの売り上げは堅調に推移しており、利益も綺麗な右肩上がりで好調そうです。

エイトレッドのIPO評価

エイトレッドIPOは中規模(12.4億円)ですが、クラウドというテーマ性があり、業績も好調なので、一定の人気を集めそうです。

また、エイトレッドIPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点もプラス要素ですね。

よって、エイトレッドのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。エイトレッドIPOは、同時上場による資金分散と売出株の多さが懸念材料ですが、それでも公開価格をしっかりと上回る初値が付きそうです。


にほんブログ村

エイトレッドIPOのその他情報はこちら

エイトレッドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エイトレッドIPOのBB(ブックビルディング)は、全力で申し込むつもりです。特に、主幹事の大和証券は相性が良いので楽しみです。また、平幹事のSMBC日興証券も毎年IPOに当選しているので、秘かに期待しています。

エイトレッドIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
いちよし証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
東洋証券 ネットでの取り扱い無し


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社