三機サービス(6044)、GMB(7214)、MS-Japan(6539)、日本和装ホールディングス(2499)の立会外分売が発表されています。

GMB(7214)とMS-Japan(6539)は、今年二度目の立会外分売ですね。また、MS-Japan(6539)は昨年の12月にIPO新規上場した銘柄なので、覚えている方も多いと思います。

GMB

立会外分売のスケジュール
銘柄名 売買予定期間 売買単位 分売株式数 申込数量限度
三機サービス
(6044)
11/7~11/10 100株 120,000株 2,000株
GMB
(7214)
11/17~11/22 100株 156,000株 5,000株
MS-Japan
(6539)
11/17~11/22 100株 150,000株 1,000株
日本和装ホールディングス
(2499)
11/30~12/1 100株 200,000株 1,000株

(※11月5日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

三機サービス(6044)は、そこそこの流動性で分売数量(120,000株)も多くないので、参加しても良いかなと思っています。

GMB(7214)は、11月2日時点でPER7.94倍、PBR0.51倍と割安で、流動性にも問題がないため、全力で参加するつもりです。

MS-Japan(6539)は、東証1部への昇格が視野に入っていて流動性も高いため、積極的に参加する予定です。ただ、値がさだけに少しリスクも高めですね。

日本和装ホールディングス(2499)は、流動性が非常に高くて、東証1部への昇格も目指していますが、低位株なので旨みに欠けます。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング