イントラスト(7191)IPOの新規上場が承認されました。イントラストIPOは、12月7日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

イントラストIPOは、インフラIPOのいちごグリーンインフラ投資法人を除けば、12月のIPO第一弾です。IPOの新規承認は、このところピタッと止まっていましたが、ようやく年末に向けて出始めましたね。

イントラスト

イントラスト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名イントラスト
コード7191
主幹事証券みずほ証券
幹事証券大和証券
SMBCフレンド証券
いちよし証券
今村証券
SBI証券
マネックス証券
上場日12月7日
仮条件決定日11月18日(570円~630円に決定)
ブックビルディング期間11月21日から11月28日まで
公開価格決定日11月29日(630円に決定)
申込期間11月30日から12月5日まで
公募1,430,000株
売出し836,000株
OA339,000株
吸収金額16.4億円
想定価格630円


イントラストIPOで幹事を務めるSBI証券

イントラストIPOの概要

イントラストIPOは、家賃債務保証事業、介護費用保証事業、医療費用保証事業などの総合保証サービス事業を手掛けている企業です。

また、イントラストIPOは、保証サービスで培ったノウハウをもとに、クライアント企業の業務上の課題を解決するソリューションサービスを提供しています。

イントラストIPOは、吸収金額16.4億円(想定価格ベース)と中規模で、人気化する事業内容でもないため、慎重に検討する必要がありそうです。


にほんブログ村

イントラストのその他情報はこちら

イントラストIPOの幹事団には、フィル・カンパニーIPOエルテスIPOで主幹事を務めるSBI証券が名を連ねています。


SBI証券のIPOルール

イントラストIPOの初値予想

イントラストIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月18日以降)に追記させていただきます。

730円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:700円~800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:800円~900円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:900円~1,050円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOでは、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことが、当選への近道なので、まだ持っていない証券口座をチェックして、年末のIPOラッシュに備えましょう。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング