フェイスネットワーク(3489)IPOの仮条件が決まっています。フェイスネットワークは、最近のIPOでそれなりの結果を残している投資用不動産事業を手掛けていて、業績も好調なことから注目されているようです。

ただ、フェイスネットワークIPOは大型な日総工産IPOとの同時上場なので、多少なりとも資金分散の影響を受けそうです。

フェイスネットワーク

フェイスネットワークIPOの関連記事

フェイスネットワークIPOのBBスタンスとIPO評価!不動産投資系IPO!

フェイスネットワークIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事!

フェイスネットワークIPOの仮条件

1,340円~1,400円

フェイスネットワークIPOの仮条件は、想定価格の1,340円を下限に上方へ少し拡げたレンジになっています。フェイスネットワークIPOは、当初からそこそこの評価を得ていたので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、フェイスネットワークIPOの公開価格が仮条件の上限(1,400円)で決まった場合、吸収金額は18.5億円から19.3億円にアップしますが大差ないですね。


マネックス証券のIPOルール

フェイスネットワークIPOの初値予想

2,100円⇒2,400円 (公開価格比:+1,000円)

(※大手予想会社の初値予想:1,900円~2,200円)

フェイスネットワークIPOは、同時上場する日総工産IPOよりも規模(吸収金額18.5億円)が小さいため、需給面はやや有利だと思います。

また、投資用不動産事業は新鮮味に欠けますが、IPOでこれまで良い結果を残しており、業績も好調なので一定の評価を得られそうです。

よって、フェイスネットワークIPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フェイスネットワークIPOのその他初値予想はこちら

フェイスネットワークIPOの幹事団

フェイスネットワークIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
岡三証券
エース証券
むさし証券
藍澤證券
マネックス証券
岡三オンライン証券

主幹事の野村證券は当然ながら、抽選配分比率が多めのSBI証券マネックス証券も微かに期待できそうです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社