JMC(5704)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決定しています。JMC(5704)IPOは、想定価格(920円)が安いので、大きな利益は望めませんが、主幹事の野村証券で200株配分されれば、それなりの利益は得られそうです。

JMC

JMC(5704)IPOの基本情報

JMC(5704)IPOの初値予想

JMC(5704)IPOのBBスタンスとIPO評価

JMC(5704)IPOは、同時上場する3銘柄の中で二番目の評価です。ただ、一番人気のエルテスIPOが、初日値付かずの気配となれば、JMC(5704)IPOに資金が流れる可能性もありそうです。

また、JMC(5704)IPOは、3社同時上場による資金分散とVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が懸念材料ですが、さほど規模(吸収金額10.6億円)は大きくなく、3Dプリンターというテーマ性もあるため、需給面は良好だと思います。


にほんブログ村

JMC(5704)IPOのその他情報はこちら

JMC(5704)IPOのBB(ブックビルディング)は11月16日までです。これからBB(ブックビルディング)しようと思っている方は、各幹事証券の配分数(割当数)を参考にしながら、忘れずに申し込んで下さい。

JMCのIPO配分数

JMCのIPO配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
野村証券 (主幹事) 900,000株 90% A
SBI証券 50,000株 5% B
SMBC日興証券 40,000株 4% C
静銀ティーエム証券 10,000株 1%
楽天証券 -株 -%
合計 1,000,000株 100%


IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券

JMC(5704)IPOでは、主幹事の野村証券が配分数(割当数)の90%を占めています。しかも、当選配分数が200株なので、競争率はかなり高そうです。

よって、平幹事のSBI証券SMBC日興証券にも必ず申し込んで、少しでも当選確率をアップさせることをオススメします。

また、楽天証券が委託幹事入りしているので、出来れば押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社